ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
赤点

テスト結果発表日のDクラスの教室の雰囲気にはただならぬものがあった。赤点が出るか出ないか皆が緊張しているからだ。

「先生、今日は中間テストの結果発表日と聞いています。いつですか?」

「お前はそこまで気を張る必要はないだろう、平田」

「教えてください。いつですか」
 
「喜べ、たった今発表する。放課後じゃ、色々手続きが間に合わない事もあるからな」
 
手続きという言葉に、教室内の雰囲気が強張る。
 
「……どういう意味ですか」

「慌てるな。今点数を発表する」
 
Dクラス担任の茶柱はそう言って大きな白い紙を五枚、ホワイトボードに張り出した。

英、国、数、理、社。それぞれの教科の一人一人の点数が表示されている。
 
「正直に言って感心した。お前らがここまでの高得点を取るなんてな。満点が10人以上いる科目もあるぞ」
 
各教科、一番上には100点の文字がずらりと並ぶ。その光景に、生徒たちは歓喜の声をあげる。

しかし生徒らにとって最も重要なのは寝落ちした須藤と由比ヶ浜についてだけだった。

全員が成績表を見ると……

「っしゃ!」

須藤の点数は英語を除き60点前後、英語は39点で……

「やったよゆきのん!」
 
由比ヶ浜の点数は数学と理科と国語は40点後半で、英語は38点、社会は34点だった。前回の小テストの際にこれが本番なら30点未満が退学と言われたので2人ともクリアしたと喜びを露わにした。

以前の小テストの際には書かれていた赤点ラインを示す赤い線は引かれていなく、須藤は思わず立ち上がって喜び、池、山内もそれに続いた。由比ヶ浜は雪ノ下に抱きつき、雪ノ下は優しい表情で由比ヶ浜の頭を撫でる。
 
「見ただろ先生!俺たちもやるときはやるってことっすよ!」

「ああ、お前らが健闘したことは認める。ただし……」
 
言うなり茶柱赤ペンを取り出し、英語と社会の成績が書かれた枠の中にある由比ヶ浜の名前の上に線を引いた。
 
「由比ヶ浜、お前は赤点だ」

茶柱の無慈悲な言葉が教室に響く。瞬間、さっきまでのお祭り騒ぎは一切無くなった。

「は?なんで?!」

由比ヶ浜は喜びから一転、怒りを露わにする。

「お前は赤点を取った。今日で退学だ」

「嘘つくなし!赤点は31点だって言ってたじゃん!」

怒りのあまり敬語を使わなくなる由比ヶ浜だが、茶柱は冷静だ。

「それは小テストの話だ。赤点の基準はテストごとに変わる。その算出方法を教えてやろう」
 
すると、茶柱先生は黒板に何やら書き始める。
 
78.8÷2=39.4

74.6÷2=37.3
 
「赤点ラインは平均点を2で割った値だ。小数点以下は四捨五入する。今回のDクラスの英語の平均点は78.8で社会の平均点が74.6。よって英語は39点未満で、社会は37点未満で赤点となる。須藤の英語については39点だからギリギリセーフという事になるが、由比ヶ浜は英語は1点、社会で3点足りない」

茶柱の冷徹な言葉が教室に響く。大丈夫だと思っていた須藤は赤点ギリギリであった事実を知り冷や汗を流しながら、安堵の息を吐いていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析