ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
取引

「比企谷君。由比ヶ浜さんが退学を回避する道を教えなさい。拒否権はないわ」

あろうことか俺にそんな命令をしてきたので……

「30万で良いぞ」

そう返す。すると雪ノ下は怒りを露わにする。

「ふざけないで!このままだと由比ヶ浜さんは退学するのよ!」

「知らねぇよ。そもそもの話、何で由比ヶ浜が退学するのかわからないのか?誰かに嵌められたならまだしも、勉強しなかったアイツの自業自得だろうが。つかそんなに由比ヶ浜を守りたいならクラスメイトと協力してポイントをかき集めて龍園に土下座すれば良い話だろうが」

「そうですね。所詮は由比ヶ浜さんの自業自得です。どの選択をするかは自由ですが、自分のプライドを捨てずに由比ヶ浜さんを見捨てるのが1番だと思いますよ。由比ヶ浜さんはいても足を引っ張るだけでしょう」

坂柳がこの状況を見て楽しそうに笑いながらそう口にする。そんな中、龍園の責めは止まらない。

「後1分だな」

その言葉に雪ノ下は焦り俺の胸倉を引っ張る。

「今すぐに教えなさい!でないと容赦しないわ!」

なるほどな。力づくで聞き出す腹か。焦りのあまり暴力に走ろうとするか。

「どうぞご自由に。まあそうなったらお前も退学だろうな」

俺は監視カメラを指差しながらそう口にすると雪ノ下は悔しそうに手を離す。

「つかそんなに土下座が嫌なら見捨てたら良いじゃねぇか。お前にとっては由比ヶ浜より自分のプライドの方が大事なんだろ?」

龍園があおりまくる。それはもう楽しそうに。

「ふざけないで!由比ヶ浜さんは大切な友達よ!」

雪ノ下の叫び声に龍園が嘲笑を浮かべる。その際に携帯を取り出しているのは雪ノ下が土下座した場合に写真を撮る為だろう。

「だったら土下座しろよ。後30秒な」

「っ……!」

龍園の言葉に雪ノ下は顔を真っ赤にする。そしてチラッと横にいて泣いている由比ヶ浜を見たかと思えば、再度龍園を睨みつけ、床に座り頭を地面につける。要するに土下座をした。

「くはっ!コイツは傑作だな!」

龍園は笑いながら写真を撮る。その際に雪ノ下は土下座しながらもプルプル震える。プライドの高い雪ノ下からしたら今の状況は我慢出来ないものがあるだろうな。

「じゃあ後は10万……って言いたいが、頭を踏ませてくれんならタダにしてやるよ」

コイツ、やっぱり鬼畜だな。Dクラスの大半はドン引きしてるし。

「待て龍園。それ以上は度が過ぎるぞ」

「教師は引っ込んでな。で?頭を踏ませるのか?それとも「待ってくれないかな?」……あ?」

するとイケメンが話しかけてくる。

「10万ポイントは用意する。だからこれ以上雪ノ下さんを傷付けるのはやめて欲しい。皆、少しずつで良いからポイントを出してくれないかな?」

「……平田君。私の端末に6万ポイントあるから使って」

イケメンがそう言うと土下座している雪ノ下がそう言う。どうやらかなり貯めているみたいだな。

「じゃあ僕が4万ポイント払うよ。龍園君は番号を教えて」

「くくっ、交渉成立だな」

龍園はそう言って番号を平田という男子に渡す。同時に平田が自分と雪ノ下の携帯を操作する。すると龍園の携帯が鳴りだし、龍園は小さく頷く。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析