ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
オリエンテーション

Cクラスの教室に入ると既に教室の大半の席が埋まっていた。黒板を見ると座席表が貼られているので確認すると俺は廊下側1番前だった。少なくとも名前順ではないな。

(しかしこのクラス、明らかに不良な生徒が多いな)

見るからに柄の悪い生徒が多い。特徴的なのは黒人の巨漢と男子にしては髪が長いヤツだ。特に後者はクラスでも一際ヤバいオーラを放っている。座席表を見ると龍園翔と書かれているが、コイツとは関わらない方がいいな。

俺は自分の席に座って本を読み始める。HRまでまだ時間があるからな。

しかし……

「えっと……なんか用事か?」

隣に座る銀髪美女が俺をジーっと見ているので思わず質問してしまう。チラ見なら無視するがガン見されると気になってしまう。

「あっ、すみません。それはエラリー・クイーンの『Yの悲劇』ですか?」

「そうだが?」

「いえ。海外小説を読む人は中学の時は余り見なかったので。お好きなんですか?」

「まあな」

「そうなんですか!私も大好きで……」

俺が肯定するとその女子はテンションを上げて色々話してくる。これには俺も予想外。文学少女といったら眼鏡をかけた少女ってイメージだが、銀髪美女が文学少女とはな……

呆気にとられていると彼女はハッとしたような表情になって謝ってくる。

「あ、勢いづいてすみません。私は椎名ひよりと言います。貴方のお名前は?」

「……比企谷八幡だ」

「そうですか。これからお隣同士よろしくお願いします」

「……ああ」

そう言いながらも余り乗り気じゃない。元々他人と関わりたくないタイプだし。

すると始業のチャイムが鳴り、同時にドアが開いてスーツ姿の男性が入ってくる。この人が担任か。

「新入生諸君、入学おめでとう。君達Cクラスの担任の坂上数馬で、担当科目は数学だ。この学校では3年間クラス替えがないので長い付き合いになるだろう。今から1時間後に入学式があるが、この学校の特別なルールを説明しておきたい。入学前のパンフレットである程度の内容を知っていると思うが改めてプリントを配るので後ろに回してくれ」
 
言いながら坂上先生は俺や椎名など1番前の生徒に資料を渡すので後ろに回す。

「次は学生証カードを配らせてもらう。このカードはこれからの生活で1番重要なものになる。簡単に言うとクレジットカードのようなものだ。敷地内にあるものは全て学生証カードの中にあるポイントで購入が可能だ。カラオケなどの娯楽の為の代金を払うのもポイントでやり取りする」

紙幣を持たせないことで金銭トラブルを未然に防ぐといった事も対応しているのだろう。
 
パンフレットを見ると使い方は非常に簡単で機械に認証してもらうだけ。提示したり、タッチしたりするだけで良いらしい。無くさないように注意しないとな。
 
「それから今から言うことが重要だ。ポイントは毎月1日に自動的に振り込まれることになっている。君達全員にはあらかじめ10万ポイントが支給されているはずだ。そしてこのポイントは1ポイント=1円の価値がある」

坂上先生の言葉に教室内が一気にざわつき始める。まあ仕方ないことだろう。何せいきなり10万ポイント……つまり10万円のお小遣いを貰ったのだからな。普通の高校生なら驚かないはずがない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析