ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
友達

「皆、由比ヶ浜さんの退学を回避するためにポイントを少しずつ出してくれないかな?」

Dクラスの教室にて、平田洋介は周りに呼び掛ける。しかし周りの反応は薄かった。理由としては先程龍園が言ったように20万ポイント払ってまで由比ヶ浜を助けようとする気になれないからだ。

「お願い皆。由比ヶ浜さんを助けてあげて」

雪ノ下も頼み込む。と、ここで反対の声が上がる。

「俺は反対だ。由比ヶ浜さんはここで退学になるべきだ」

真っ先に反対の声を上げたのはクラス首位だった幸村だ。それに対して雪ノ下は幸村を睨みつける。

「……どういう意味かしら?」

「言葉通りだ。彼女の為に20万ポイントは勿体ない。大体少しずつポイントを出してくれと平田が言っていたが、ポイントを全く所有してない奴がかなりいる以上、必然的にポイントを持っている人間の負担が大きくなる」

「……幸村君は沢山ポイントを持っているからそう言えるのね?」

「そうだ。全員が均等に5千ポイント払うならともかく、俺は由比ヶ浜さんの為に何万も払う気は無い」

その言葉に平田は苦々しい表情で黙るが雪ノ下は止まらない。

「でも由比ヶ浜さんが退学になったらペナルティが発生するかもしれないわ。それを避ける為にもここは助けるべきだわ」

「確かにペナルティは怖い。だが、今由比ヶ浜さんを助けても、今後また退学の危機に瀕するかもしれない。で、その時にまた大量のポイントを払って助けるのか?大体今回の件は由比ヶ浜さんの自業自得だろう?赤点になったら退学とわかっているのに、寝落ちして過去問を暗記しない人を大金を払ってまで助けたいとは思えない」

「っ……」

幸村の言葉に雪ノ下は黙る。事実、こうなっている原因は由比ヶ浜の勉強不足、退学に対する危機感の無さだから雪ノ下は反論出来ない。

雪ノ下が論破された事により、クラスには由比ヶ浜を見捨てようという空気が流れている。

しかし……

「待って。折角出来た友達を失うのは嫌だよ。私は由比ヶ浜さんを絶対に助ける」

クラスの人気者の櫛田桔梗はそう言ってから未だに泣きじゃくる由比ヶ浜の元に向かう。

「大丈夫だよ由比ヶ浜さん。必ず助けるから」

「ぐすっ……ひっぐっ……ありがとう」

「クラスメイトだから当然だよ。とりあえず休み時間ごとに他のクラスの人にポイントを貸してもらえるか聞いてみる。もしも由比ヶ浜さんを助けたいって気持ちがあって、他のクラスの人と交流がある人がいるなら協力して欲しいな」

クラスの人気者である櫛田の言葉が教室に響く。それにより由比ヶ浜を見捨てるべきであると考えが充満した教室が、多少マシになる。

もちろん由比ヶ浜を見捨てるべきって考えている人もそれなりにいるので未だに空気は重い。

「それと由比ヶ浜さんを助けたいって少しでも考えている人がいるなら所有ポイントを教えて欲しい。Dクラスにおいて幾らポイントがあるか確かめないといけないからね」

平田の言葉により由比ヶ浜を助けたいと考えている生徒が平田の元に向かう。その数20人だった。

残りの半分の人間は由比ヶ浜を助けたくない、もしくは単純にポイントを殆ど持っていない連中であった。




[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析