ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
買い物

龍園からコンタクトを取られた俺はそのまま教室に戻り、椎名から本についての話を聞いて、そのまま入学式に参加した。

まあ入学式は普通の学校と大差なく偉い人の話を聞いて無難に終了した。

そして昼前に敷地内について説明を受けた後、初日という事もあって即解散となった。

そんな中、クラスの大半はグループを作ってカフェやショッピングモールに向かっていく。

俺はというと、誰とも組まず図書館に向かう。入学前から図書館が有名であるのはパンフレットで知っていたからな。

そして昇降口で靴を履き替えて図書館に向かうが、入学初日だからか閉館していた。

(ちっ、夕方まで時間を潰そうと思ったが仕方ないか)

こうなったらショッピングモールで服や飯を購入するしかないだろう。後は娯楽として本を買いたい。

ポイントに関する詳細は全くわからないので無駄遣いする気はないが、多少は遊びに使いたい。

とりあえず5月までに6万は残すと決めた俺は図書館を出てショッピングモールがある方向に向かおうとすると椎名がこちらに歩いてきた。向こうも俺に気付いたのか会釈をしてくる。

「お前も図書館に用があったのか?だとしたら今日は閉まってるから諦めろ」

そう言うと椎名は残念そうな表情になる。

「残念です……比企谷君は寮に?」

「いや、服や飯、後は本でも見に行くつもりだ」

「本を買いに行くのですかっ。私も一緒に行きます」

しまった。本の虫の椎名に火がついてしまったようだ。テンションが上がりながら俺にそう言ってくる。

しかも「一緒に行きませんか」ではなく「一緒に行きます」ときた。

前者なら適当な理由を付けて断われるが、後者の場合勝手に付いていく事になる。

コミュ障の俺からしたら面倒極まりないが、椎名は見た目からして凄い美少女だ。今後クラスで人気者になる可能性があり、邪険にするのは得策じゃない。

「実は今日買いたい本があったので……」

一方の椎名は楽しそうに本の話をしているが俺と一緒に行くことが決定事項のようだ。

そんな椎名に対して俺は相槌をうつことしか出来なかった。






30分後……

「ありがとうございましたー」

ショッピングモールの本屋にて、店員さんから礼の言葉を受けながら本屋を出ると先に会計を済ませた椎名が楽しそうに本の入った袋を抱きしめている。

結局俺は椎名と本屋に行き、お互いに数冊の本を購入した。しかし本当に学生証で簡単に買えるとは思わなかった。簡単に買えるし、財布もとい学生証の紐が緩まないように気をつけよう。

「比企谷君も会計が終わりましたか。何の本を買ったのですか?」

「ん」

袋を椎名に渡すと椎名は覗き込み二冊の本を取り出してくる。

「この二冊なんですが、私も読んだことがないので比企谷君が読み終わったら貸してくれませんか?」

「そのくらいなら」

「ありがとうございます」

椎名はにっこり笑ってお礼を言ってくる。その笑顔はとても魅力的で思わずドキッとしてしまう。

「ど、どういたしまして。ちなみにお前は何の本を買ったんだ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析