ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
邂逅

学校生活2日目。授業初日であるからか大半の授業は勉強方針等の説明、要するにオリエンテーションで終わった。

先生たちの多くが予想以上にフレンドリーで親しみやすかったことには驚いた。

しかし腑に落ちない点がある。一部の生徒は退屈だからか隣の生徒と話したり、携帯をいじっていたりしていたが、教師陣は誰一人として不真面目な人間を注意しなかったのだ。

いくら義務教育でないからって注意の1つもしないなんてありえない。もしかして「自分勝手な行動を取りたいならご自由に。後でどうなっても知らんけど」ってスタンスなのか?

だとしたらかなり厄介だ。人間ってのは注意されないと止まらない人間だからな。

そう思いながらも授業を受けているとチャイムが鳴り、先生が退室する。それは昼休みになった事を意味するので俺は鞄から弁当を取り出して食べ始める。スーパーには無料の食材提供があったので遠慮なく利用した。無料であるから形が歪だったり、普通の商品よりも小さかったりするがさしあたり支障はない。

隣を見れば椎名も弁当箱を取り出していた。他の連中を見ると大半が食堂に行き、残りは教室で惣菜パンを出している。

「比企谷君。午前中の授業はどう思いましたか?」

弁当を食べ始めると椎名がそんな質問をしてくる。どう思いましたかってのは先生の態度についてだろう。

「全く注意してないのは不自然だったな」

「はい。いくら義務教育ではないとはいえ、全員が全く注意しないのは有り得ないです」

だよな。神経質な先生が1人くらい居てもおかしくないし。

そう思った時だった。

 
『本日午後5時より第一体育館にて、部活動の説明会を致します。部活動に興味のある生徒は第一体育館に集合して下さい。繰り返します。本日──』
 
可愛らしい女性の声と共にアナウンスが流れる。部活ねぇ、そういやこの学校はそれなり部活は有名だったな。

「椎名はどっかに入るのか?」

「中学の時は茶道部に入っていましたので、あるなら入部するかもしれません。比企谷君は?」

「生憎、部活については中学時代にいい思い出がないから入るつもりはないな」

奉仕部なんて胡散臭い部活の所為でな。あの部活がなければ平和な学校生活を送れたと確信したくらいだ。

そういやあの2人は高校でも奉仕部をやるのか?だとしたら大変なことになりそうだ。何せ由比ヶ浜は頭が悪いし、雪ノ下は自分の考えが全てだと思っているし、依頼が来たら全て失敗する可能性が高い。

まあ何にせよ部活についてはパスする。

「そうですか……変な事を聞きましたか?」

椎名が不安そうな表情で聞いてくるが、俺の事情を知らない椎名が部活について質問をするのは至極当然なので、特に気にしてない。

俺は椎名に一言大丈夫と言って弁当を食べるのを再開した。その際に椎名の雑談に付き合ったが、思った以上に楽しいと思った事に驚いてしまった。







3時間後……

午後の授業も終わり大半の生徒が体育館に行き、一部の生徒がそのまま帰宅する。

俺は帰宅を選択する。スーパーやコンビニに行き無料食材を購入する為だ。食材に関して月に何品までじゃなく、1日に何品までって感じだから毎日購入するつもりだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析