ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
水泳

入学して1週間が経過した。

新しい学校生活はどうかというと概ね満足している。中学時代は罵倒と蔑視と嘲笑ばかり受けていたから普通に過ごせるだけで凄い幸せだ。

雪ノ下と由比ヶ浜がこの学校にいるのは残念であるが、接触してこないので問題ない。


クラスについても不満はない。強いて言うならクラスの中でも喧嘩の強そうな石崎とクラスで1番ガタイが良い山田アルベルトがクラスで最も怖い龍園の下についた事が怖いくらいだ。入学して直ぐに部下を持つ時点で相当ヤバいだろう。

閑話休題…….

そんな中、俺達Cクラスの生徒はプールサイドにいる。この学校は1学期の最初から水泳をやる。正直珍しいが不満はない。

今のところプールサイドには男しかいないが、これは女子が着替えに時間がかかってるからだろう。

(しかしアルベルトの体格凄過ぎだろ)

Cクラスの男子はガタイが良い奴が結構いるが、黒人ハーフのアルベルトはガチでムキムキだ。仮に俺がアルベルトを殴ったらこっちの拳が痛む可能性が高い。

そして龍園が真面目に授業に参加しているのはどうにもシュールに見えてしまう。まあ口に出したら面倒だからしないけど。

すると女子更衣室の方から女子がぞろぞろ出てくる。その際に男子達は露骨には見てないが興味津々な態度を見せていた?

しかし気持ちはわからんでもない。クラスの女子のレベルってかなり高いからな。

そんな中で俺の目につく女子は椎名と伊吹澪って女子だ。

前者の椎名は入学初日からの知り合いだが、水着になると胸が大きく予想以上のスタイルで、普段は着痩せするタイプだと思ってしまう。

一方の伊吹は俺以上のぼっちで誰とも連んでいない一匹狼のような女子だ。胸はそこまで大きくないが、手足がスラっとしていて美術品のようだ。まあ本人は凄くつまらなさそうな表情だけど。
 
「おーし、全員集合しろー」
 
すると体育の先生から集合がかかるので俺達は集まる
 
「見学者が随分多いみたいだが……まあいい」

言われて見学席を見ると女子が10人くらいいるが、絶対にズル休みだろうな。いくらなんでも多すぎる。


「早速だが、実力をチェックしたいので、準備体操してから泳いでもらうぞ」

「あ、あの、俺あんまり泳げないんですけど……」

すると男子の1人が手を挙げてそう口にする。

「安心しろ。俺が担当するからには、夏までには泳げるようにしてやる」

「別に泳げるようにならなくても良いですよ。海なんて行けないですから」

「そうはいかん。今は苦手でも夏までには克服させる泳げるようになれば、必ず役に立つ。必ずだ」

随分と必ずという言葉を強調するな。しかも役に立つって言葉についても謎だ。夏休みに水泳合宿でもやるのか?

疑問に思いながらも俺はプールに入り泳ぎだす。総武中学にはプールがあったので、特に問題はなかった。

「比企谷君はちゃんと泳げてましたね」

プールから上がると椎名が話しかけてくる。椎名は形は出来ていたが凄く遅かった。多分クラスでワースト3には絶対に入る。

「中学では泳げたからな。基礎は出来てる」

「私の所の中学ではありませんでしたね」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析