ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
カフェ

入学してから3週間、あと数日で5月を迎えるが、6時間目の授業の時だった。

担任の坂上先生の授業だが、プリントを持って入ってきた。坂上先生はプリントを使わない先生なので珍しいと思いながら前を向く。

「いきなりで済まないが、月末だから小テストを行うことになった。後ろに回してくれ」

「げっ、抜き打ちっすか」

クラスメイトの1人が嫌そうに声をあげる。まあいきなりテストをやれと言われたら誰だって嫌だろう。

「安心したまえ。これはあくまで今後の参考資料にするだけだ。成績表には何ら影響はない」

成績表にはね……随分と含みのある言い方だ。

そう思いながらもプリントを後ろを回し中を見る。1科目4問で、英語と数学と理科と社会と国語の5科目、計20問ある。そんで配点は各5点配当の100点満点のテストだ。
 
名前を書いて解き始めるが……クソ簡単過ぎる。受験の時に出た問題よりもレベルが低く、得意でない数学についてもスラスラ解けた。

こんな簡単なテストで何の参考になるんだと思っていたが、最後の3問で鉛筆が止まる。

最後の3問だけクソ難しいのだ。ハッキリ言って高校1年がやる問題じゃない。特に数学の問題なんて何を言っているかサッパリわからん。

結果的に俺は最後の3問を解くのを放棄するのだった。








キーンコーンカーンコーン

「そこまで。後ろから回してくれ。それと今日のHRは話す事がないので回し終わったら解散して構わない」

坂上先生がそう言うと直ぐに後ろからプリントが渡ってくるので坂上先生に渡し、鞄を持って立ち上がる。

「比企谷君。最後の3問は出来ましたか?」

同時に椎名も立ち上がり俺に話しかけてくる。入学してからは席が隣って事や趣味が合う事もあり、毎日話すようになった。

逆にそれ以外のクラスメイトとは殆ど話さない。偶に龍園が話しかけてくるが君子危うきに近寄らずだから最低限の会話しかしない。

「いや全く。アレは高1に出す問題じゃねぇよ」

「ええ。他は余りにも簡単でしたし、学校の意図がわかりません」

全くだ。てっきり中3で習った問題や入学してから習った問題ばかりと思ったが、半分くらいは中1で習うような問題だったし学校の意図は全く読めない。

「まあ今後何かに使うんだろうから、調べて出来るようにしといた方が良いかもな」

もしかしたら今後同じ問題とぶつかるかもしれないし。何にせよ放置するつもりはない。

「そうですね。備えあれば憂いなしですから……あ、私は部活があるので失礼します」

「ああ、またな」

「はい。また明日」

椎名は笑顔を浮かべてから階段を上っていく。やっぱ椎名の笑顔は癒し枠だな、うん。

そう思いながら廊下を歩き昇降口に繋がる階段に向かうと……

「あら比企谷君、ご機嫌よう」

「げっ、坂柳」

坂柳がニッコリと笑って話しかけてくる。その後ろには以前見た万引き少女ーーー神室がいる。見るからに面倒臭そうな表情を浮かべているが、察するに万引きしたのを坂柳に見られたようだ。

「げっ、なんて酷いですね。悲しくて泣いてしまいそうです」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析