ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
Sシステム

5月1日、朝起きて直ぐに学生証端末を取り出してポイントを確認すると、123985ポイントと表示されていた。昨日までは7万4千ちょっとあったので、その事から察するに支給されたポイントは49000だと思う。

すると端末に着信が来たので画面を見ると坂柳からだった。

「もしもし?」

『おはようございます比企谷君。いきなりですがポイントは幾ら振り込まれていましたか?』

「4万9千。そっちは?」

『9万4千ポイント入ってましたね』

マジか?殆ど減ってねぇじゃねぇか。やっぱりAクラスが優秀でBクラス、Cクラス、Dクラスの順で格付けされているのだろう。

「そうか。そっちはともかくウチのクラスは荒れそうだな」

『Cクラスはまだマシでしょう。私は今寮のエントランスに居ますが、ポイントが振り込まれてないと喚いているDクラスの男子がいました』

つまりDクラスは0ポイント支給されたって事か。そりゃ喚くな。

「まあ詳しい事情は学校でわかるだろ。悪いが俺まだ飯も着替えも済ませてないから切るぞ」

『わかりました。では後ほど』

通話を切って俺はパパッと着替えて、冷蔵庫にある無料食品を使って調理を始める。

さて、教室はどうなってるやら……頼むから騒いでるなよ。







30分後……

学校についた俺はCクラスの教室に向かう。と、そこで聞き覚えのある声が聞こえてくる。

「やっぱり由比ヶ浜さんも振り込まれてないのね」

「うん。あたし後2000ポイントしかないのに……」

チラッと横を見ると雪ノ下と由比ヶ浜がそんな話をしているが、由比ヶ浜は入学してから今日までの3週間ちょいで10万近く使ったようだが金遣い荒過ぎだろ?馬鹿か?ここで無駄遣いを覚えたら社会に出て大変なのに

まあ関わったら面倒だから口にはせず廊下を歩くとDクラスからは騒ぎ声が聞こえてくる。まあ0ポイントらしいからな。

そしてCクラスに入るとDクラスに比べたらマシだが多少騒いでいる。

まあ何で10万ポイント振り込まれてないのかではなく、ポイントが予想よりも少ないって声だ。つまり皆、ポイントが減る事は可能性として考えていたが、ポイントの減り具合に驚いている感じだ。

「おはようございます比企谷君。大方予想通りポイントが減りましたね」

「ああ。ま、ある程度ポイントが貰えて何よりだ」

5万ポイント飛んだのは大きいが、それでも月に5万近く貰える。

実際俺が入学してから今日まで使ったポイントは2万5千程度だし、その事を考えたら1ヶ月5万は小遣いとして文句ないだろう。

「そうですね。しかしDクラスの生徒は大丈夫なんでしょうか?朝からポイントが振り込まれていない、ジュースを買えないなどの声を聞きました」

「計画も立てずにポイントを浪費した馬鹿の自業自得だ」

普通ある程度は貯金するだろうに。備えあれば憂いなしって言葉を知らないのか?

「ところで椎名。5万とはいえポイントが入ったし今日は本屋に行かないか?」

椎名とはお互いに違う本を買って、お互いにシェアする約束をしている。それにより俺達は本5冊分のポイントで10冊の本を読む事が出来る。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析