ハーメルン
腐り目、Cクラスに入るってよ
Dクラス

学校の仕組みについて発表された昼休みの事だった。

「よう比企谷。一緒に昼飯を食わないか?」

教科書を机にしまっていると龍園が話しかけてきた。それによりクラス全体から注目が集まる。

「……目的は?」

「ただの雑談だ。奢ってやるから食堂に行こうぜ」

嘘だな。ただの雑談ならわざわざ俺に話しかける理由はない。

「自分の弁当がある」

「じゃあ明日奢ってやるよ」

どうやら断るって選択肢はなさそうだ。仕方ないし、従うか。

「はいはい。じゃあ行くが、手下は連れてくのか?」

「安心しろ。お前が望んでなさそうだから連れてかないでやるよ」

それはありがたい。龍園とは偶に話すが龍園の手下の石崎やアルベルトとは殆ど話してないからな。

「なら良い。混む前に行くぞ」

言いながら俺は龍園と一緒に教室を出て廊下を歩く。しかし食堂に向かう途中でDクラスの横を通ろうとしたら、同じタイミングで教室のドアが開き、雪ノ下や由比ヶ浜が出てきて、由比ヶ浜が龍園とぶつかる。

「邪魔だ。不良品がぶつかってんじゃねぇよ」

「っ……!」

龍園の容赦ない言葉に由比ヶ浜が俯く。すりと雪ノ下が由比ヶ浜の前に立つ。しかしその際に俺の存在に気付いたのか睨みつけてくる。

「……貴方がDクラスに居ないなんて一体どんなズルをしたのかしらズル谷君?」

「あ?おい比企谷、この不良品の知り合いか?」

「ソイツとお前がぶつかった女は同中だ」

「なるほどな。しっかしコイツはDクラスで納得だな」

雪ノ下を指差すと雪ノ下は俺ではなく龍園を睨む。

「どういう意味かしら?私がDクラスにいるのは手違いであるとしか思えないわ」

「くはっ!マジかコイツ!比企谷、お前の知り合い面白いな!漫才やれば成功するだろ!」

雪ノ下の言葉に龍園は大爆笑する。まあそんな風にハッキリ言ったらなぁ。

「その気持ち悪い笑いをやめなさい。不愉快だわ」

「だったら面白い事を言うなよ。じゃあ聞くけどよ、比企谷がズルをしたって言ったが具体的にどんなズルをしたんだよ?国が力を入れている学校相手にどんなズルが出来んだよ?」

全く以って同感だ。俺が大企業の跡取り息子や国会議員の息子なら賄賂って手段があるかもしれないが、一般家庭の長男の俺が国が力を入れている学校を欺くなんて無理だ。

「それに仮にズルが上手くいったとしても、それなら比企谷はCクラスじゃなくてAクラスに行くだろうが。そんな簡単なこともわかんないのかよ?だからお前はDクラスなんだよ」

「っ!」

龍園の正論に雪ノ下は睨みつける。正論を言われたら睨みつけるのは相変わらずだな。

「龍園。煽るのは良いが、食堂が混むから煽り過ぎるな。それと雪ノ下、俺や学校の選定に不満を抱いてる暇があるなら由比ヶ浜の勉強を見てやったらどうだ?どうせ小テストも0点なんだろ?」

中学時代の由比ヶ浜は成績も悪く、思考力も常識もない馬鹿だったし、小テストも0点である可能性はある。

「はぁ?!0点じゃないし!ヒッキーマジキモい!」

俺の言葉に由比ヶ浜はキレる。まあ幾ら由比ヶ浜が馬鹿でも0点はないだろうな。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析