ハーメルン
狩人が色んな少女と戯れるだけの話
第2話 花言葉の意味

あなたは普通の狩人だ。

そこら辺にいる一般的な普通の狩人だ。

青ざめた血という輸血を受けたあなたはなんやかんやで狩人になり、毎日毎日、獣を狩ったり、人を狩ったり、上位者を狩ったりetc....

一般的な狩人と同じ生活をして暮らしていた。

そしてあなたはコンビニ感覚で、月の魔物を殺して上位者となった。

今や普通に上位者の幼年期を迎えた。

しかしながら、上位者の幼年期を迎えても姿は一般的な狩人のままだ。

何故ならばあなたは狩人だからだ、人も獣も上位者もすべてあなたの血となり肉となり力となるのだ。

狩りを全うせよ。阿修羅(あしゅら)の如く、血を求めるのだ。

さて、今日の狩人はルドウイークを栗本チャレンジしに行く為、輸血液やら獣の丸薬やらを用意していると突然共鳴する小さな鐘が鳴り始めた。

前回と合わせて、これで2回目だ。これから栗チャレしようとしたにも関わらず、いきなり呼びつけてきた獣に狩人はまたか、と少し苛立つが呼ばれた瞬間に初手大砲ブッパすれば問題ないし多少スッキリするかと思ったので、召喚されてあげた。ただのストレス発散である。

言い忘れていたが狩人は慈悲深いのだ。最後は、殺しにかかるが。

無論、殺されたとしても相手が失踪するまで何度も侵入し追い詰め続け殺しに行く。狩人は常に殺意MAXなのだ。

さて、狩人はどんな奴が相手になっても大丈夫なようにガチガチに固め(但しチート野郎は除く)、召喚されてあげた。




召喚され、まず目の当たりにしたのは一面緑の広い平原だった。空は明るく晴れ、草は優しい風に揺られていた。

不意に人気がし、下を見ると、年端もいかない少女が座っていた。髪は銀髪セミロング、服装はロリータ(某国のアリスのような感じ)。如何にも穢れを知らない純粋な少女という言葉が当て嵌まる。

幼女...リボン...豚...下水....

うっ頭が。狩人の啓蒙が1上がった気がする。同時にデジャブを感じたが、まあ2度あることは3度あるとも言うし、気にしないでおいた。


「おじさん、だあれ?」


座っていた少女がゆっくりと立ち上がり、狩人をジーッと見ながら話しかけてきた。

ふむ。啓蒙なき獣同然の人間の感性で言えば、"美しい”ではなく"綺麗"だろう。


「おじさん、もしかしてたびするひと?」


目をキラキラと輝かせながら聞いてくる少女。正確には狩人なのだが、まあ確かに色んな所に行って殺しまわっている為、否定は出来なかった。

あなたは少女の問いに肯定すると少女は興奮気味に何処を旅したのか、其処に何があったのかと数々の質問を聞いてきた。

今回は素手のままで呼ばれたこともあり、特に不審がられず、泣かれることがなかったのは幸いだろう。

それはそれとして、あなたは少女に自身が体験してきたことを話した。

例えば、医療協会はヤベー奴しかいないことや宇宙は空にあること、ビルゲンワースの神秘、豚と冒涜(ぼうとく)クソ犬は絶許、初見で聖職者の獣と神父を栗本チャレンジで殺してみせた啓蒙高い狩人がいること等々.....

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析