ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
1.あさおんから始まる未来世紀

 朝起きると、女になっていた。

 驚愕した。何か寝苦しいなと感じて目が覚めたのだが、身体がいつもの自分のものじゃなくなっていた。胸がある。
 身体だけじゃない。服装も変わっている。Tシャツにルームパンツで寝ていたはずなのに、何やら見慣れない女物の服らしきものを着ている。

 というか掛け布団がない。もう冬だというのに。
 …………。
 いや、待て。ここはどこだ。
 見慣れぬ天井に、はっとなり、俺は寝たままだった上体を起こした。周囲を見渡してみると、昨夜就寝したはずの寝室じゃない。
 病室のような窓のない真っ白な部屋。俺が横たわっていたのは掛け布団のない白いベッド。そして……胸のある自分の身体。

 腕を挙げて手の平を見てみると、これまた見覚えのないほっそりとした指先が見えた。農作業で日に焼けていたはずの肌も、透けるような白さになっている。
 首の後ろに違和感を感じたので手を当ててみると、伸びた髪の毛が手に当たった。これもおかしい。三日前に床屋で刈り上げにしてもらったばかりなのだ。
 いったい、俺はどうしてしまったというのだ。

「お目覚めになりましたか」

 背後から唐突にかかった声に驚いて、肩が跳ねた。
 振り返ってみると、そこには若い女性が立っていた。

「気分はどうですか? 調子の悪いところは?」

 女性が無表情でそう尋ねてくる。
 俺はとりあえずこの状況に対し、何か手掛かりが掴めないものかと、背後の見知らぬ女性との対話を試みることにした。

「ええと、よく解りません。頭が痛いとかはないです。ええと……」

 こちらも何か尋ねてみようと思ったが、聞きたいことがあまりにも多すぎて言葉に詰まる。
 しばし逡巡し、そして思いつくままに言った。

「ここ、どこですか……?」

「惑星テラ第五十八国区ニホン、カナガワエリア、ヨコハマ・アーコロジー、第三実験区二十一多目的実験室です」

「…………」

 よく解らないけれど、たぶん神奈川県の横浜……? 俺が住んでいるのは山形のはずだが……。
 いや、それよりもエリアだの国区だのといった言い方はなんだろうか。普通に聞いたら、なに回りくどい変な言い方をしているんだ、となるけれど、今の俺は〝女になっている〟奇妙な状況なのだ。もしかすると、この言い方にも意味があるのかもしれない。

「ええと……日本国の神奈川県横浜市ではなくですか……?」

「はい。この惑星において、国家というものは宇宙暦元年に存在しなくなりました。今は国区という地区にその名残を残すのみとなっています」

「宇宙暦元年……?」

「はい。現在は西暦2630年。宇宙暦299年となっております」

「なに言ってんの……?」

 西暦2630年……? ちょっと待って。ジョークだよな、さすがに。いくら俺が女になっているからといって、そんな未来にいるだなんて……。

「わたくしは、あなたの日常サポートを担当させていただく有機ガイノイド、ミドリシリーズのヒスイと申します。失礼ですが、あなた様のお名前をお教えいただけますか?」

「あっ、はい。瓜畑……瓜畑吉宗(ウリバタケヨシムネ)です」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析