ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
10.St-Knight(対戦型格闘)<1>

「どうもー。視聴者の皆さん、21世紀おじさん少女だよー。今日は新しいゲーム動画の配信に際してということで、まず始めにリアルの世界の俺の部屋からお送りしているよ」

 前回の動画最終回から数日後、俺はまた動画撮影に挑戦していた。
 新シリーズの第一弾として、まずはトークから始めようと、リアルの世界での撮影だ。今までの収録でも、リアルでの撮影はよくあった。だからこそ、身体を男ボディにして、VR空間でだけ女アバターを使って撮影するという手が使えないのだが。

「皆さんもうお気づきかな。な、な、な、なんと、俺の髪色が変わっている! そう、今までヒスイさんと見た目が被りすぎていたので、女性型アンドロイド、いわゆるガイノイドのミドリシリーズを製造している、ニホンタナカインダストリさんに頼んで、髪色を銀髪にしてもらったんだ」

「お似合いですよ」

「ありがとうヒスイさん。さらになんと、ミドリシリーズのニホンタナカインダストリさんが、俺の動画シリーズのスポンサーになってくれることが決定したぞ! スポンサーの契約料として、俺の男ボディであるツユクサシリーズの男性型アンドロイドを贈ってくれたんだ! これでいつでも男らしいヨシムネが見られるぞ!」

「まだ梱包すら解いていませんけれどね」

「そうなの!? いつもは家事を万全にこなしてくれるヒスイさんが、珍しい」

「ヨシムネ様は、ずっと私の使っていた、ミドリシリーズのボディを使い続けてくだされば、それでいいのです」

「ええー、男ボディ不人気! あ、ちなみに俺の今の身体は、元々ヒスイさんが使っていたものだそうだよ。俺の死体が次元の狭間からサルベージされたときに、たまたまヒスイさんが研究者の近くにいたそうで、ソウルインストールとやらをするのに都合がよかったんだそうだ」

「おかげで私も、最新式のボディに換装できました」

「俺の部屋で家事をして、ゲーム動画を撮影編集するくらいしかヒスイさんの仕事がないから、完全にスペックオーバーだよな……」

「ヨシムネ様のように、ソウルインストール用途でハイエンドの民生用ガイノイドをご利用予定の方がいらっしゃいましたら、ミドリシリーズの姉妹機であるワカバシリーズの購入をご検討ください。男性型は先ほども話に上がりました、ツユクサシリーズです」

「露骨な宣伝!」

 そこまで会話して、俺は背景にしていたソウルコネクトチェアから少し場所を移動する。

「そうそう、ニホンタナカインダストリに髪色を変えに行った帰りに、アーコロジーのショッピングモールに寄ってきたんだ。そこで、ガーデニングのコーナーがあったから、ちょっと見つくろってきたよ」

 部屋の壁際、そこにはガーデニング用のプランターが置かれていた。
 この部屋には窓やベランダがないため、日光不足を補うために専用のライトもプランターの上に取り付けてある。

「今までこの部屋は、花も飾っていませんでしたからね」

「自然が存在しない悲惨な未来SF世界というわけじゃないから、別に花もそこまでお高いってわけじゃないんだけどねぇ」

「さらに言いますと、植物ですので、穀物や野菜類と同じく、工場で生産できますからね。アーコロジーだけでなく、スペースコロニーでも花屋は存在しているでしょうね」

「そこで! この部屋でガーデニングをすることにしたんだ。俺は21世紀では農家のおじさんだったんだけど、農業はもうこりごりでやりたくもない。でも、ガーデニングくらいならありかなと」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析