ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
11.St-Knight(対戦型格闘)<2>

 まずは、最低難易度のイージーから挑戦することにした。
 この時代に来てから動画配信開始するまでの三ヶ月間。いろいろなゲームをしたが、対戦型格闘の類はプレイしていない。つまりは、人間サイズの敵とシステムアシストを使って戦うということには、まだ慣れていなかった。

「んー、ちょっと試しに、システムアシストなしでやってみるか」

「おや、『-TOUMA-』をクリアして、自信がつきましたか?」

「『-TOUMA-』をプレイしたのは14000時間程。年数にして二年もいかない。だから剣の腕前は、せいぜい素人に毛が生えた程度だろうと思っているけどな」

「いえいえ、達人とまでは言いませんが、上級者の域には十分達していますよ」

「そっかー。まあ、ちょっとやってみよう」

「では、オプションでシステムアシストオフにしますね」

 ヒスイさんがその場でオプションを変更してくれる。つくづく気が利く人である。

「では、アーケードモードスタート!」

 宣言と共に効果音が鳴り、背景が切り替わる。

『キャラクターセレクト!』

 そんなシステム音声が聞こえ、俺は古代ローマのコロッセオのような場所に立っていた。
 コロッセオには、三十人くらいの戦士達がそれぞれポーズを取りながら無言でたたずんでいる。
 なるほど、この中から使用キャラを選ぶのか。

「ふーむ」

 キャラ達は皆、思い思いの武器を持っている。剣に槍、ハンマーに斧。ショーテルを持っている奴もいる。

「お、刀使いはセーラー服の女の子か」

『-TOUMA-』で慣れ親しんだ武器だ。ちょっと見てみよう。
 俺はセーラー服の女の子に近づくと、その容姿をまじまじと眺めた。

「ふーむ」

 とりあえず屈む。お、白パンツ。

「ふーむ」

 立ち上がり、胸を触る。
 だが、ビープ音と共に腕が弾かれた。くっ、駄目か。

「何をしているのですか、ヨシムネ様は」

 後ろで待っていたヒスイさんの冷たい言葉が突き刺さる。

「いやー。つい、ね」

「ガイノイドにソウルインストールされて、人間の頃のような性欲の類は消えているはずですが……」

「様式美かなって。でも、ハラスメントガードがあるなら、格闘家は女性キャラの胸にパンチができないんじゃないかな」

「対戦中は弾くタイプのハラスメントガードではなく、硬質化するタイプになるようですね」

「固くても触れればいいんじゃいって思うセクハラ男が湧きそうだな」

「オンライン対戦モードではAIがプレイを監視していますので、そういう類のよこしまな思考が感知されたら試合が中断されるそうですよ。ちなみに、この場合の思考読み取りは適法です」

「うへえ、俺、人間のままだったら、露出度高いPC相手に絶対引っかかっていたわ」

 ガイノイドの身体ってすごい! ゲームで遊ぶ以外はリアルでそこそこの禁欲生活を送っていると思うが、何も辛くないからな。
 今は習慣として取っている食事も睡眠も、本来は取らなくても問題ないし。
 まあ、できれば睡眠は取れとヒスイさんに言われているが。

「じゃあ、とりあえずこの刀女子を使うかな」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析