ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
12.St-Knight(対戦型格闘)<3>

 キャラメイクも無事に終わり、いよいよ戦闘開始だ。
 ヒスイさんの解説によると、アーケードモードは十人の敵を倒したらクリアらしい。格ゲーらしく勝負はラウンド制(一度敵に勝っても、規定回数勝利するまで勝負が仕切り直しになって続行する)だが、今回はオプションで1ラウンド先取に設定してある。
 21世紀の格ゲーと違って、VRでの対戦型アクションゲームは細かい回避が可能なので攻撃を命中させることが難しい。ゆえに、勝負に時間がかかるため1ラウンドにしたとのこと。

『ステージ1』

 システム音声が鳴り響き、背景が切り替わる。すると、俺は中華風の闘技場の舞台に立っていた。
 正面には、長い(こん)を持った、これまた中華風の格好をした大男が構えている。

『ヨシムネ VS.(ヴァーサス) ハオラン』

 その音声と共に、BGMが鳴り始める。中華風の優美な曲だ。

「いきなり強そうな相手だなぁ」

 ゲームだから見た目と強さが一致しないのは解っているが、そんな感想が漏れてしまう。
 撮影されているのを意識しているからか、ここのところ独り言が自然と漏れるようになっている。考えなしで言葉を喋っている節があるので、ライブ配信をするときになって失言しないか心配である。

『ファイナルラウンド』

 おっと、戦いに集中だ。俺は、セーラー服に追加していた腰のベルトに差してある鞘から打刀を急いで抜く。

『ファイト!』

 先手必勝! うおおおお!

『KO』

 ……三十秒ほどの攻防で、あっさり勝利することができた。

「イージーなら、こんなものかぁ」

 敵のモーションは遅いし、隙だらけだった。
 身体を動かすことに慣れていないゲーム初心者がやるモードなんだから、こんなものか。

「そういえばヒスイさんはどこかな」

 次のステージへ、という目の前に広がる画面を振り払いながら、俺は舞台の上から周囲を見回す。
 すると、観客席の一番前にヒスイさんが座っており、こちらに手を振っていた。
 観客席とは距離があるから、気軽に会話はできないな。声が長時間途切れるのは動画的に問題があるが、多分、ヒスイさんは試合中解説コメントをいれてくれていると思う。できる女だからな。

 俺はヒスイさんに手を振り返すと、画面を操作して次のステージへ向かうことにした。
 そして……順調に俺は勝ち進んでいくことができた。
 思わぬ簡単さに拍子抜けしながら、九戦目。敵は槍使いで、場所は洋風の屋敷にある玄関ホールらしき場所。
 これも速攻で行って、ラスボスの顔を拝んでやろうと思ったのだが……。

「負けたぁー! 攻撃がかわせねぇー!」

 敵の多用する薙ぎ払いが回避できずに、削り負けてしまったのだ。
 モーションは解りやすい。あからさまに同じ構えを取っている。だが、その構えを取った瞬間、ものすごい速さで攻撃が飛んでくるのだ。
 回避を何度も試みたが、思わぬ攻撃範囲の広さにどう動いても避けきれない。
 攻撃に魔法か超能力が載っているのか、刀で受けても吹き飛ばされてダメージが入ってしまう。これが『-TOUMA-』だったら刀がへし折れていただろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析