ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
13.St-Knight(対戦型格闘)<4>

 バッチリ目が覚めたので、続きをやっていこうと思う。
 難易度ノーマル。その一戦目は相変わらず中華風の大男が登場した。
 その結果は……。

「気功砲っぽいの飛ばしてきたけど、三次元的に動けるから遠距離での回避は難しくないな」

「でも、中距離では当たっていましたね」

「棍の先から出てくるから、不意に射程が伸びてくる感じがあるんだよなぁ」

「ちなみに、あれは気の類ではなく、このゲームにおいては魔法扱いです」

「東洋っぽいのに魔法かぁ」

 次のステージへ移る前にヒスイさんの解説を聞いて糧にし、負けを重ねつつも少しずつ勝ち進めていく。

『ステージ6 ヨシムネ VS. トウコ』

 6戦目。ステージが学校の体育館のような場所に移り、敵が姿を現す。

「お、刀子(かたなこ)さんじゃーん」

 キャラメイク時にパンツを見せてもらった、セーラー服の打刀使いである。
 イージーでは戦わなかったので、初の対戦だ。
 そうとなると、俺の取るべき行動は一つ。

『ファイナルラウンド ファイト!』

「うおおお! 下段! 下段! 下段! 足払い! よっしゃあこけた! パンチラいただき!」

 刀子さんが俺の足払いで転倒し、白いパンツがちらりと見えた。

「ふふーん、そんな短いスカートを履いているのが悪いんだってうおお魔法が飛んできた!?」

 突然あらぬ方向からの襲撃! 格ゲーによくある乱入者かと思ったら、下手人は観戦していたヒスイさんだった。
 遠くから炎の魔法を飛ばしてきたらしい。

「おふざけはほどほどに」

 ヒスイさんはそう言って、魔法の炎を手から噴き出しながら、冷たい笑顔を向けてくる。

「あっ、はいすみません」

 パンチラは健全動画的に不味かったかなー。でも、美味しいシーンだからヒスイさんはきっと動画に採用すると思う!
 そして戦いは続き……。

「馬ぁ! 体力上がってんぞ、馬ぁ!」

 俺はラストステージで苦戦していた。

「馬を倒せないなら、引きずり下ろすのを考えてみてはいかがでしょうか」

「引きずり下ろす……どんなアシスト動作で落とせるかな」

「馬が動いていない状態で試してみましょう。ゲーム中断。プラクティスモード起動」

 ヒスイさんがそう宣言すると、戦場の背景が崩れ落ち、電脳空間を思わせる青い広間に切り替わった。
 プラクティスモードは体力無限で対戦できる練習用のモード。今までの戦いで俺が対戦相手に苦戦するたび、ヒスイさんはこのモードに変えて動作の練習に付き合ってくれていた。

 そんなヒスイさん、なんと今回は馬に乗っている。

「キャラメイクにそんなのあったっけ……」

「イージーモードのクリア特典ですよ」

「そういうのもあるのかぁ。パンツの種類も増えるなら、セーラー服のパンチラに備えてコンプしないと」

「今日のヨシムネ様はやけにパンツに拘りますね……」

「セーラー服なんて見たから、学生時代の思い出が蘇っているんだと思う」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析