ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
14.初めてのライブ配信

 今日の俺は、朝からそわそわとする身体を抑えられないでいた。そう、とうとう予定していたライブ配信の日が来たのだ。
 難易度ナイトメアをクリアしてから三日。俺は空いた時間でゲームもやらずに、動画についたコメントを読んでその時間を消化した。楽しかった。

 そんな本番直前、朝食を食べた後はヒスイさんとライブ配信の流れを確認した。
 とはいっても、司会進行はヒスイさんにほとんど任せるつもりだが。これでは、どっちがメインの配信者だか判らんね。

 ライブ配信の内容は、俺のVRマシンのホーム画面、通称SC(ソウルコネクト)ホームに視聴者を集め、『St-Knight』をプレイ可能な視聴者と共に対戦を行なうという物。
 俺のSCホームに人を集めると言っても、俺の部屋にあるVRマシンに直接アクセスがあるわけではなく、専用の配信サービスを使うらしい。配信サービスのサーバを一時的に借りてそこに俺のSCホームを反映させて、そこに人を集めるってことだな。

 SCホームに来た人は、設定しているアバター、つまりはVR空間用の姿で表示されることになる。視聴者がいっぱい来たら、人で寿司詰め状態になるってことだな。まあ、特殊な処理がほどこされて、視聴者は窮屈感を感じないらしいが。
 また、わざわざ俺のSCホームにアバターを使ってアクセスしなくても、たとえばゲームのプレイ中やリアルに戻っている最中でも、専用ウィンドウでライブ配信を視聴することが可能とのこと。そういう人は、SCホーム側ではアバターではなく猫の姿で表示されるよう、ヒスイさんが設定したとのこと。なんで猫かは知らない。

 ともあれ、もう少しで開始時間だ。
 俺は、ソウルコネクトチェアに座りながら、気を紛らわすためにヒスイさんへと話しかけた。

「いよいよオンライン対戦モードでの配信かぁ。この時代の回線は有線じゃないのに、オンラインって言うんだな」

 ラインとは線という意味だ。つまりオンラインとは線で繋がっている状態を言うのではないだろうか。英語詳しくないけど。
 この時代、テレポーテーション通信なる、すごい超能力無線技術で通信を行なっているらしい。超能力がどんな物なのか、俺は未だに何も知らない。
 そんな疑問を持つ俺に、ヒスイさんはにこりとした表情で言葉を返してくる。

「そこはもう、語源が古すぎて、ただの慣用句になっていますよ。ヨシムネ様が普段使っている21世紀の日本語ですが、その単語の一部に古い時代の囲碁用語が混ざっていることはご存じですか?」

「いや、なにそれ知らない」

「駄目、布石、定石、一目置く、序盤、結局……他にもいろいろありますね。これらは本来の用途を超えて使われるようになったわけでして、オンラインという言葉も同じことです。有線でなくとも〝オンライン〟ですし、有線でなくとも〝回線〟なのです。21世紀の時点ですでにそうだったのではないですか?」

「なるほどなー」

 俺が使っているのは21世紀の日本語だ。この未来の世界から見て古い時代の日本語だが、ゲームをプレイしていてもその古い日本語が普通に使われているように感じる。
 だが、ヒスイさんによると、ゲームに21世紀の日本語モードが実装されているわけではなくて、俺自身に搭載されている自動翻訳機能が勝手に訳してくれているだけらしい。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析