ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
15.St-Knight(対戦型格闘)<5>

『ナーイト!』

 ゲームが起動した瞬間、視聴者側からそんな声が一斉に響いた。

「えっ、えっ、今の何!?」

 俺は視聴者達の謎の行動に、困惑して周囲を見回す。

『ヨシちゃん知らないんだ』『ナイトの配信では、ゲーム起動時に叫ぶのがテンプレ』『ナイトライブ配信参加心得!』『叫ぶの気持ちいいよ?』

「えー、このゲームの他の人の配信チェックしたことなかったから、知らなかった。俺も叫びたいから、ヒスイさんゲーム起動し直して!」

「……かしこまりました」

「ヒスイさんも叫ぶんだよ」

「はい」

 そうして一旦背景は真っ白なSCホームに変わり、またゲームが起動する。

「ナーイト!」「ナーイト」『ナーイト!』

 ははっ、楽しい。
 そして、恥ずかしそうにしているヒスイさんいただきました。コメントでも、ヒスイさんに関する物がいっぱいだ。

「では、気を取り直してオンライン対戦モードを選択していきましょう」

 あ、誤魔化した。
 タイトル画面でモードが選択され、ヒスイさんの手で対戦用のプライベートルームが用意されていく。
 背景がまたもや変わり、20世紀の有名少年漫画の天下一武道会を思わせる武舞台が作られた。というか、あの漫画の武舞台そのものだな……。さしずめ古典文学を再現しているってところか。やっぱり時代を経ても、名作は名作のままなんだな。

 そして、俺とヒスイさんは武舞台の真ん中に立っており、視聴者達は観客席に座っている。席に座る猫がシュールである。

「早速対戦を開始していきましょう。『St-Knight』を所持していてキャラメイク済みの参加希望者様からランダムで抽出し、ヨシムネ様と対戦していただく形でよろしいですか?」

『チャンプは?』『チャンプおらんの?』『チャンプVSヨシちゃん見たい!』『うおお! チャンプ! チャンプ!』

「チャンプって人、人気だな! 俺このゲーム詳しくないんだけど、有名人?」

『ご存じないのですか!』『ナイト統一王者を七年連続で務めたあのチャンプ!』『ハラスメントチャンプ!』

「七年連続って、結構前からあるんだな、このゲーム」

 というかハラスメントって何だ。

「チャンプの方は……いらっしゃるようですね。対戦希望いたしますか?」

『チャンプおるんか!』『いるよー』『わあい、チャンプだー』『チャンプが人前に姿を現すの何年ぶり?』『あんなことがあったらな……』

「チャンプって人の人気に嫉妬」

『嫉妬するヨシちゃんも可愛いよ』『俺はヨシちゃん一筋だから安心して!』『私はヒスイさん派』『二人は一緒だよ』

 くっ、視聴者も好き勝手言いよって。

「では、クルマム様を舞台に招待しますね」

 と、視聴者と遊んでいる間に、ヒスイさんが何やら話を進行させていたようだ。
 ヒスイさんが空中に浮いたパネルを操作すると、武舞台の上に一人の男が転送されてきた。身長180センチほどで、西洋風の革鎧を着込んでいる。

「あ、どうも。クルマムです」

 男がそう挨拶をしてきた。チャンプらしき人なのに腰が低いな。

「チャンプさんか?」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析