ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
16.ヨコハマ・サンポ(位置情報ARアクション)<1>

 ここはヨコハマ・アーコロジー行政区、観光局前。
 俺は居住区に割り当てられた部屋を出て、はるばるアーコロジー内のこんな場所まで来ていた。
 理由はもちろん、新たなゲームのライブ配信を行なうためだ。

「どうもー。視聴者のみんな、今日も配信に来てくれてありがとう! 21世紀おじさん少女ことヨシムネだよー」

「助手のヒスイです」

 当然、ヒスイさんも同行している。しかし、いつの間にヒスイさんは、俺の助手になったのかな。あ、前から動画配信の助手か。

『おはよう!』『おはー!』『こんばんは、こっちは夜!』『こんちー』

「挨拶が統一できなくて困っているかな? こういうときは『わこつ』っていうのが古典的な挨拶の仕方だぞ」

『わこつ』『わこつ』『わこつー』『どういう意味?』

「日本のネット用語で、『ライブ配信の枠取りおつかれさま』の意味さ! 配信サービスができたばっかりの21世紀初頭は、配信枠を取るのにも一苦労だった時代があるんだ」

『わこつー』『なにげに俺ら、インターネット史の重要なこと聞いてね?』『21世紀人から語られる21世紀事情とか、歴史学者もびっくりですね』『ゲーム史の話も聞きたい』

「残念ですが、それはまたの機会にしていただきましょう。今回は時間に限りがありますので、早速ゲーム紹介に入ります」

 話をぶった切って、ヒスイさんが進行をする。おっと、おしゃべりが過ぎたな。

『お、来たか』『とうとう明かされる真実』『謎の散歩ゲームの正体とは!』

「とか言って、ヒスイさんから聞いたけど、すでにどんな内容のゲームなのか、SNSで広まっているっていうじゃないかー。はい、今回のゲームは、『ヨコハマ・サンポ』。ヒスイさん、解説よろしく!」

「はい。『ヨコハマ・サンポ』はヨコハマ・アーコロジー行政区の観光局が、アーコロジー内限定で無料配布している位置情報ゲームです。主に、アーコロジー内の観光案内用に配布しております」

「ヨコハマ・アーコロジーは俺達の住んでいる場所だね」

 どうせばれるので、俺は住処を自ら暴露する。21世紀に居た頃なら、ネットリテラシーのない奴と馬鹿にされるような行為だ。だが、俺の場合はすでに一部の人に気づかれているので、今更である。

『ヨコハマ・アーコロジーって場所に住んでるんだ』『つまり惑星テラに行けばヨシちゃんとヒスイさんに会える!』『それ、渡航許可降りるの?』『ヨコハマ・アーコロジーは観光客受け入れているみたいだ』『惑星テラ旅行とかいくらかかるんですかねぇ』『二級市民には儚い夢だった』

「うーん、ここまで来てくれても、こっちから会いにはいかないかなぁ。そういうのに対応しだすと、きりがなくなるから」

『まあそうなるな』『常識だよなぁ』『お客様、踊り子さんには手を触れないでください!』『でも自分が行政区のお偉いさんならワンチャン?』『ねーよ』『でも、場所バレしてよかったの? 過激派信者とかいたら危なくない?』『確かに』

「そこらへんは、ヒスイさんがいるので」

「重要機関の警備員も担当しているミドリシリーズに、全てお任せください」

『さすがヒスイさんです!』『さすがヒスイさんです!』『さすヒス』

「そもそも、四ヶ月前のニュースを見たら、俺がヨコハマの実験区で保護されたって普通に載ってるんだよねぇ。いまさらだよ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析