ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
17.ヨコハマ・サンポ(位置情報ARアクション)<2>

 行政区から、キャリアーと呼ばれる乗り物に乗って次のポイントへ向かう。
 街の各所にこのキャリアー乗り場が建てられていて、今回ヒスイさんが選んだキャリアーは二人乗り。自動操縦で動いており、ヒスイさんが指定した最初の観光名所に向かって高速移動している。

 ちなみにギガハマコちゃんは、半透明のエアースクーターとかいう物に乗って、暴走した半透明の雑魚ロボットを左手のエナジーショットで蹴散らしながら、こちらを追ってきている。AR世界で大暴れだ。

「芸が細かいな。見ていて楽しいけど、人が車を運転中のときにもこれが表示されるとしたら危ないな」

「アーコロジー内の乗り物は、全て自動運転で運行されており、人による操縦は事故の危険性があるため違法となっております。人がアーコロジー内で乗り物を操縦できるのは、このヨコハマにはありませんが専用サーキットのみですね」

「まあ、自動運転が発達すればそうなるか」

『惑星にはサーキットなんてあるのか』『ソウルコネクト内でしか乗り物操縦したことねえな』『私、馬に乗れるよ!』『乗馬スキルなしで乗れんのそれ』『無理ー!』

 本当に未来人はリアルで操縦という物をしないようだ。まあ、車って危ないからな。21世紀じゃ、毎年相当数の人が交通事故で亡くなっていた。それがなくなったのは、まさに技術の進歩の賜物と言えるだろう。

 キャリアーは透明なアクリル板のような物で全方位覆われており、高速で流れる景色を楽しむことができる。ただ、アーコロジー内部は天井で上が閉じていて、そこに照明が付いているため、少々閉塞感がある。

 ううむ、しかし、次に外に出るときは男ボディに戻ってからと思っていたのだがなぁ。見事にガイノイド姿での外出になってしまった。
 今日の俺の服装はキャミソール。薄着である。アーコロジー内は、暑くない程度の春と初夏の間っぽい室温に固定されているため、寒さは感じない。
 服装は当然ヒスイさんのチョイスである。ヒスイさん自身は、いつも着ている行政区職員の制服のままだというのに。

「着きましたよ」

「おっ、さすがあれだけ速度を出してただけあって、着くのが早いな」

 途中、信号の類で停車することもなかったため、スムーズに到着した。管理された自動運転のなせる技といった所だ。

『ここはヨコハマVRラーメン記念館よ! いろんなラーメンの味が旧式VRで楽しめるわ!』

 ギガハマコちゃんがそう解説を入れてくれる。

「ヒスイさん、旧式VRって何?」

『そこは私に聞いてよ! 旧式VRは、その名の通り、ソウルコネクト技術が発達する前のVR技術よ。VR機器と脳で情報をやりとりして、脳を錯覚させて架空のできごとがあたかも現実で起こっているように認識させるの』

「なるほど、俺の想像する本来のフルダイブVR技術はそれだな。でも、なんで、ラーメンでVR?」

『当然、ラーメンの味を最大限に楽しむためよ! ここでは旧式VRで無数の種類があるラーメンを食べることができるの。食べ物はやっぱり、魂なんかじゃなくて脳で直接味を感じないとね!』

「ソウルコネクトも旧式も、どっちも現実じゃないVRであることに変わりはないと思うんだがなぁ」

『ソウルコネクトで食う飯、美味しいよ?』『リアルの合成肉も嫌いじゃない。滅多にリアルに戻らないけど』『旧式VRとか触ったことないわ』『美味ければどっちでもいい』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析