ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
19.ヨコハマ・サンポ(位置情報ARアクション)<4>

『感じるわ……サンポ星人の邪悪なオーラを! 最終決戦の時は近いわ!』

「とってつけたようなラストバトル感」

「ゲームコンセプト的に隠しボスの登場などはないでしょうね」

「隠し要素ならあるかもなぁ」

 そういうわけで観光局前。出てきた敵は、ロボットではなくチープな低ポリゴンでできた3Dホログラムの顔だった。

『出たわね、サンポ皇帝! 勝負よ!』

 そうギガハマコちゃんが叫ぶと、俺の前に再びゲームパッドが現れる。
 それと同時に、今まで存在しなかったBGMが聞こえ始めた。おお、ラスボス演出か。

 俺はテンションを上げ、ギガハマコちゃんを操作してサンポ皇帝とかいう敵と戦い始める。
 中ボス戦のときと同じように、弱点となるパーツのアイコンが光って知らせてくれるため、パーツを入れ替えつつ多彩な攻撃でダメージを重ねていく。
 そして、とうとうラスボスを撃破することができた。激戦の末、とは言えない。そんなに難易度の高いゲームじゃないからな。

『やったわ! これでヨコハマ・アーコロジーの平和は守られた! ヨシムネ! ヒスイ! 視聴者のみんな! ここまで助けてくれて本当にありがとう!』

「ああ、楽しかったよ。ところで、BGMがまた新しく鳴り始めたけど、これはエンディング曲?」

『ええ、残念ながらもうこれでお別れよ! エンディングが終わったら、観光局の受付に行ってゲームクリアしたことを知らせてね! では、また会いましょう!』

 ギガハマコちゃんはそう言って、すうっとその場で消えていった。あっさりした別れだ。
 そして、視界にAR表示でスタッフロールが流れ始める。その後ろでは、ギガハマコちゃんの歌うエンディング曲が流れている。

「なんだろ、この歌」

「『横浜市歌』という、ヨコハマ・アーコロジーに古くから伝わる歌ですね。古い歌なので、歌詞は現代語訳されています」

 歌の自動翻訳は、翻訳されていない歌声が耳に響き、頭の中に訳詞が思い浮かぶという仕組みになっている。
 普通の言葉は、相手の言葉がそのまま訳されて聞こえるのだが、歌は別ってことだな。

 ちなみに、ヒスイさんの説明によると『横浜市歌』の作詞は森鴎外らしい。
 明治の文豪じゃねえか。そんな時代からある歌だったんだな。今まで存在すら知らなかったよ。

 そんな歌と共にエンディングを最後まで眺めた俺は、先ほどギガハマコちゃんに言われたとおり、観光局の局舎へと入って受付に向かうことにした。
 すると、受付にいたのは、少し見覚えのある顔だった。

「あの、『ヨコハマ・サンポ』をクリアしたのですが……ギガサクラコさん?」

 俺が敬語でそう話しかけた相手は、チュートリアルで倒したギガサクラコさんの姿をしていた。
 制服もそのキュートな顔も、うり二つだ。

「いらっしゃいませ。わたくし、受付ガイノイドのサクラコと申します。ギガサクラコは私がモデルのゲームキャラクターとなっております」

「なるほどー」

『あんなやられ役でよかったのかな』『そこのところ聞きたい』『ヨシちゃん聞いて?』『チュートリアル役になった感想!』

 いや、いきなりそんなこと話しかけるのもどうなんだ。サクラコさんは視聴者コメントなんて見えていないわけだし。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析