ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
2.今日から始める動画配信

「飽きた! ゲームもう飽きた!」

 ゲームだけをして過ごす、どこかの四次元人みたいな生活を始めて三ヶ月。俺は限界を迎えていた。

「遊ぶだけの生活ってこんなに退屈なのか!? 定年退職した老人ってすごくね!?」

 そう、仕事のない生活というものに飽きてしまったのだ。

「ソウルコネクトゲームは飽きましたか? では、新しい娯楽を見つくろいます」

 そして、俺担当のお手伝いさんである、このヒスイさんの存在が非常にまずい。
 掃除・洗濯・炊事といった家事を全て担当してくれるうえに、新しいゲームのチョイスもしてくれる。その結果、俺が日常生活でゲーム以外の何かをするということがなくなった。お母さんを超えたお母さんである。
 俺が自分で家事をやっていたら、ゲーム以外にもすることができて生活にメリハリが出ていただろう。だが、このスーパーお母さんがそれを阻止してくる。
 自分で少しくらい家事をする、と言っても「これが仕事ですので」と譲らない。命令もできない。俺の担当ガイノイドだが、あるじは俺じゃなくてあくまで行政区なのだ。甘んじて甘やかしを受け入れるしかない。

「働かないって、こんなに辛いのか……ニートの人達とかよくこの環境に耐えられるな」

 俺はソウルコネクトチェア……VR接続機器に座ったまま、お茶を口にしそんなことをぼやいた。

「新しい娯楽ではなく、就労を希望ですか?」

「ああ、本当に働かないって慣れないな」

 農大を出て十年。ずっと実家で農作業を続けてきた。畑はこちらの事情なんて待ってくれない。農繁期は休みなんてないようなものだった。だから、身体の芯まで労働というものが染みついているのだ。

「農家の仕事って空いてないかな」

「農家ですか。残念ながら、現代の農作物は全てロボットによる工場生産ですので、人の介在する余地はありませんね。農学研究は別ですが」

「研究職は嫌だぁ……」

「研究職以外の仕事ですと、音楽家や芸術家、小説家といったアーティスト方面ですね」

「芸術センスは皆無だなぁ」

「それ以外でしたら、芸能人でしょうか。役者というのもありますね」

「いいな! 俺、学生時代演劇部だったんだよ」

「ですが、役者の倍率はものすごく高いですよ。しかも、ヨシムネ様の容姿はミドリシリーズのガイノイドのものなので、すでにいる役者のミドリシリーズと見た目が似通ってしまいますね」

「ええっ……、役者もアンドロイドがやってるの……」

「高度有機AI搭載のアンドロイドは三級市民としての人権が認められていますので、各々役割を与えられる他、好きな仕事に就く者もいます」

 高度有機AIとは、人間の脳を機械で模した人工知能のことらしい。この三ヶ月間、NPCにそのAIが搭載されたVRゲームをプレイしたこともある。
 高度有機AIは人権を持つため、自室のゲーム機にそのAIがインストールされているわけではない。AIを持つゲームサーバに接続する形だ。

「役者は無理だよなぁ。まあそもそもプロになる気とか昔もなかったが。うーむ……」

 芸能人とかちょっとだけ憧れてたんだけど、本気で目指すことはなかった。
 ん? 待てよ?

「芸能人が駄目なら、ユーチューバーになればいいじゃん」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析