ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
3.-TOUMA-(剣豪アクション・生活シミュレーション)<1>

 VR接続スタート!

「皆様初めまして。惑星テラ第五十八国区ニホンの国区産有機ガイノイド、ミドリシリーズのヒスイと申します」

「あ、もう撮影も開始してんの?」

 VR機器のホーム画面である白い空間で、俺は現実と同じ姿のアバターでたたずんでいた。いつもと違い、ヒスイさんの姿も見える。そして、そのヒスイさんが唐突に自己紹介を始めたのだ。
 先を越されてしまった。これはいけない。俺は、予め考えていた前口上を述べることにした。

「どうもー、21世紀おじさん少女だよー。……時空実験で21世紀からタイムスリップしてきた元おじさん、現ガイノイド少女のヨシムネだ。そういう設定とかじゃないぞ! 三ヶ月前にニュースになっているから、気になる人は調べてみてくれ」

 敬語を使うかは迷っていたのだが、長く続けるとボロが出そうなので敬語は使わないことにした。

「この動画は、ソウルコネクトゲーム初心者のヨシムネ様が、ゲーム習熟のために時間加速を使い、初心者を脱却するまでとことんまでゲームを遊ぶ内容となっています」

「21世紀のVRゲームは、当然ソウルコネクトなんかじゃなくて、ヘッドマウントディスプレイを頭に装着するというアナログ極まりないものだったからな。ゲームの中での身体の動かし方なんてものは、当然知らないわけだ」

「VR草創期の機器は稀少で、歴史的価値が高いので、個人がクレジットで取引するのはなかなか難しいでしょうね」

「そんなに」

 21世紀では骨董品を鑑定するテレビ番組とかあったけれど、骨董品みたいに今に残ってないのか600年前の機器。確かに壺とかより劣化が早そうだ。

「実は、壊れていないVR機器は、ヨシムネ様を次元の狭間からサルベージする際に、側にあったものが回収されています。新品同然で動作もするので、価値は計り知れないですね。博物館行きです」

「回収されてたの!? 俺んちのだよね? 知らなかったんだけど」

 よくねじ切れてなかったなぁ。俺の死体はぎちぎちだったのに。

「次元の狭間に落ちた時点で、ヨシムネ様の持ち物扱いではなくなっていますね。次元の狭間の中身は、公共の資源という扱いです」

 俺の死体は俺の持ち物として、その扱いを選択させてくれたけどな。まあ、それは特殊ケースか。

「そっかー、価値がすごいなら、売って億万長者にとか、一瞬考えたんだけど」

「そんな膨大なクレジットを手に入れても、使い道なんてありませんよ」

「それもそうか……」

 一級市民に配給されるひと月あたりのクレジットというのが、これまた多い。
 本来は研究者などの人達が、研究機材を買うためのクレジットなのだ。ゲームだけしかしていない俺に、使い切れるものではなかった。

「さて、では、今回プレイしていくゲームを紹介いたしましょう。こちらです」

 ヒスイさんがそう言うと、ゲームが起動し、ホーム画面がゲームのタイトル画面に変わる。
 頭上にででーんと、タイトルロゴが表示されている。

「『-TOUMA-』は妖怪退治を生業とする侍となり、旧日本国の江戸時代を過ごす剣豪アクション・生活シミュレーションゲームです。妖怪とはニホン国区に古くから伝わる架空のクリーチャーのことで、実在はしていません。このゲームでは、その妖怪が日常的に出没するという設定になっています」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析