ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
4.-TOUMA-(剣豪アクション・生活シミュレーション)<2>

「弱っ! 妖怪弱っ!」

「チュートリアルの敵ですからねえ」

 ゲームの上の暦で三日間素振りを地道に繰り返した俺は、初めての妖怪退治に挑戦した。
 対する妖怪は、人間大の藁人形が二体。それを俺とヒスイさんが一体ずつ、木刀でぶっ叩いて倒した。たった一撃で藁人形はバラバラに弾け、死んだ。

『うむ、見事である! これからはおぬしらが好きな時に妖怪退治に向かうがよい。世に妖怪がはびこっているため、常に退治する敵は存在しておる。また、こちらから妖怪退治を申しつける時もあるので、心しておくがよい』

「あ、妖怪退治のタイミングは自由なのね」

「個人によって技量の上達具合は違うでしょうからね。妖怪退治をサボって鍛錬漬けになることもできるようですが……報酬は歩合制なので、妖怪退治を受けないといつまで経っても胴着に木刀姿のままになってしまいますね」

「木刀のままで緊急依頼的なもの来たら、死ぬしかないなぁ」

「妖怪に負けてもゲームオーバーにはならず、屋敷まで連れ戻されて治療されるようですけどね」

「倒せそうな妖怪は積極的に倒していくか」

 そういうわけで、俺達の鍛錬生活は本格的に始まった。
 一時間鍛錬して、二十分ヒスイさんと雑談しながら休息し、四十分寝る。そしてたまに妖怪退治をする。

 システムアシストもされていない、レベルも上がらない肉体を鍛錬していくのだから、剣の上達速度はそんなに早くない。正直なところ、すぐに飽きると思っていた。だが、少しずつ強い妖怪に挑戦していき、それを退治できるのはモチベーションを保つのにちょうどよかった。ヒスイさんがゲーム進行をマネジメントしてくれているおかげだろう。

「ヒスイさん、とうとう野犬を倒せるようになったよ!」

「おめでとうございます。システムアシストなしで、俊敏な肉食獣を倒せるのは快挙ですよ」

 やがて武器は打刀へと変わり、その重さに驚いたりもした。これ、片手で振るのは無理だな……。

「屋敷の周辺に美少女やイケメンがいるのに、ロマンスがなにもねえな!」

「NPCとの会話はオフにしていますからね。生活シミュレーションではなく、鍛錬シミュレーションとお思いください」

「蕎麦屋のおさえさんとかめっちゃ好みなのになぁ……」

「NPCに入れ込みすぎると、ゲームクリア時に別れるのが辛くなりますよ。そういうのは、百年保証のネットゲームをやるときにしましょう」

「百年保証とか何それすごい」

 ちなみにこのゲームは剣豪アクションという売りだが、武器屋には刀だけには限らず、槍や弓、鉄砲などの取り扱いもあった。鎖鎌なんかもある。
 ヒスイさん的には、武芸百般を目指すべきということで、いずれはそれらの武器にも手を出すようにと言われたが……。

「ですが、一年目は身体を動かすことに慣れるため、武器の交換は行わないでおきましょうか。しばらくは刀です」

「刀が一番格好いいから、俺は別に構わないけどね」

「刀は平和な時代の携帯武器ですから、妖怪退治という名目では威力不十分な武器なのですけれどね」

「それでも剣豪を目指したいもんだ」

 事前に説明されていたとおり、緊急依頼的なものが舞い込んだりもした。
 順調にそれらをクリアしていったのだが、一年目も終盤に入ってきた頃に、そいつは俺の前に立ちはだかってきた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析