ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
6.ニホンタナカインダストリ

 実のところ、この未来の世界に来てからというもの、ヒスイさん以外の人と会うのは今回が初めてである。
 タイムスリップに関係した事情は、すべてヒスイさんが教えてくれた。身の回りの世話は全てヒスイさんがしてくれて、俺はゲームに専念していたので、割り当てられた私室から出てすらいない。
 なので、このヨコハマに住む住人に、遠目ですらお目にかかったことはない。

 思えば、農家をやっていた頃も業者との接触は親父に全て任せ、自宅と畑を行き来する生活であった。
 別に引きこもりでもなんでもないのに、家族以外とほとんど顔を合わせていなかった。

 だから、私室を出るときから俺は少し緊張していた。
 ヨコハマ・アーコロジー。この時代の人類はひたすら趣味に生きるというが、意外と人通りはあった。
 見るからにサイボーグボディの人とかもいて、ちょっと心が躍ったりもした。アンドロイドが人と遜色ない外見にできるんだから、あのメカメカしい外見はきっとファッションだな。

 そして俺は、会社のロビーのような施設へと足を踏み入れ、ヒスイさんと一緒に個室へと通された。

「ヒスイさん、ロビーがなんだか会社っぽい雰囲気があったけど、ここはミドリシリーズってやつの開発室ってところか?」

「はい。ミドリシリーズを製造・開発しているニホンタナカインダストリのヨコハマ・アーコロジー支社、その開発区画ですね」

「ニホンタナカインダストリ……」

 タナカか。創業者の苗字をそのまま使った社名だろうか。

「宇宙暦が始まる以前からあった、日本田中工業という機械部品を作っていた町工場が前身だそうです」

「ニホンタナカインダストリの企業規模は知らんが、長寿企業なんだなぁ」

「アンドロイドの製造分野では太陽系屈指の企業ですよ」

 宇宙一と言わないあたり、業界トップではないのだろうな。人類は太陽系の外にも飛び出しているらしいし。
 まあそれでも、太陽系屈指の企業なら、今の俺のこのボディは優秀だと思ってもよさそうだ。引きこもり生活していたから、ボディの性能を気にすることなんてなかったけど。

 と、そんな雑談を交わしていたら、部屋が三度ノックされる。
 そして、部屋に白衣を着た男が入室してきた。

 その男は、こちらを見てにこりと笑うと、座っている俺達の元へとゆっくりと歩いてきた。

「どうも初めまして。こういうものです」

 と、男がそう言うと、こちらの内蔵端末にメッセージが送信されてきた。
 確認してみると、名刺代わりの文字情報のようだ。

 ニホンタナカインダストリ シブヤ・アーコロジー本社
 第一事業部 第一アンドロイド開発室室長
 タナカ・ゲンゴロウ

 社名と同じタナカの苗字だ。

「どうも、瓜畑吉宗です」

 こちらは特に肩書きのようなものもないので、口頭で名前を言う。
 軽くお辞儀をして、改めて相手を観察する。

 若い男だ。
 だが、この時代、見た目と年齢は一致しないことが往々あるはずだ。
 アンチエイジング手術をしていたり、サイボーグ化していたり、俺みたいに肉体から魂を取り出して、身体をアンドロイドに入れ替えていたり。
 魂のインストールされていない純正のアンドロイドであることを示す、アンテナアクセサリが耳にくっついていないから、彼がAI搭載のアンドロイドということだけはないだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析