ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
7.-TOUMA-(剣豪アクション・生活シミュレーション)<4>

「いよいよ最終日かぁ。長かったな……」

 リアルの私室で朝食を食べながら、俺はそうヒスイさんに話題を振った。
 今日の朝食には、日本の食卓らしく焼き鮭が用意されていた。これ、好きなんだよな。ゲーム中の雑談で焼き鮭が好きだとぽろっとこぼしたことがある気がするが、ヒスイさんは覚えていてくれたらしい。
 ちなみに、うちの食卓にあがる魚は全て地球の海で育った養殖物だ。最高級らしい。一級市民の配給クレジットでないととても日常的には食べられないとか。
 これがスペースコロニーに在住する二級市民だと、そもそも養殖魚は手に入らない。培養ポットで育てた『培養魚肉』だとか、タンパク質成分を合成した『合成魚肉』だとかになるらしい。それもSFっぽくて憧れるが、毎日食べたいとは思わないな。

「視聴者の方も、最終回の動画を楽しみにしているようですよ」

 ヒスイさんがそう言いながら、空間投射画面をこちらに表示させてくる。視聴者コメントだ。なになに。

『失踪しなかったえらい!』『俺もワカバシリーズ買って、ヨシちゃんになりたい……』『ミズチから逃げるな』『(ネタバレ)ラスボスはヒスイさん』『ミズチから逃げるな』『ラスボスどんなのか気になったから他に動画探したけど、このゲームの動画少ないな!』『エンディングはヒスイさんと結婚』『もう事実婚しているんだよなぁ』『ミズチから逃げるな』

 ヒスイさんと事実婚した覚えはないぞ……。ヒスイさんは可愛いが、俺も同じボディなので、彼女の見た目に惚れるとかいうナルシスト的なことは起きないのだ。ゲーム内で13870時間、約577日間一緒に過ごしているので、仲は深まったと思うが。
 ちなみにヒスイさんと俺は見た目がうり二つなので、髪型で差別化を行なったうえで、声質も俺の物は低めに機体調整している。

「ミズチも倒しましょうね」

 ミズチは……ゲーム内の現地時間の二年前から未だ倒せていない妖怪だ。水上ステージで戦うのだが、俺は長時間泳げないから、ステージが水で満たされる戦闘後半で敵に手も足も出ない。今のところ出てきた大物はミズチ以外全て倒したから、ヒスイさんによる水泳特訓が待っているだろうなぁ。
 何かが上達する過程も配信のネタになるとのことで、動作プログラムのインストールは許してくれないんだよな、ヒスイさん。
 今や世の中のスポーツは生身の人間の物よりも、スポーツ動作プログラムをインストールしたサイボーグやアンドロイドによる、プログラム&機体の優劣競走的な物が人気だというのに。

「逃げたい……逃げたいが……」

「視聴者は許してくれないでしょうね」

「くそっ、やってやるさ!」

「最終回は15分の動画四本にするつもりですので、尺はたっぷりありますよ」

 にこりと笑うヒスイさんに恐怖を覚えつつ、俺は食事を終えた。
 そして軽く口をゆすぐと、ソウルコネクトチェアへと向かう。口の中には洗浄ナノマシンが入っているので、歯を磨く必要はない。

「じゃ、中でもまた720時間よろしく」

「はい」

 視界が暗転する。そして、VRのホーム画面が目に映った。

「21世紀TSおじさん少女だよー。ただの元一般人がガイノイドになって、武術面でも人類をやめさせられそうな修練動画の最終回、はじまりだー!」

「いよいよ最後の二十年目ですね」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析