ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
8.-TOUMA-(剣豪アクション・生活シミュレーション)<5>

 野外フィールドの海岸エリアで、水泳の鍛錬を続ける。
 着衣状態だとまともに戦えるほど泳げないので、服を脱いでサラシにふんどし姿である。和風ゲームだからか、水着がなくこういう格好をするしかなかった。
 動画に初めてこの格好が登場したときは、男性視聴者のコメントが稼げたものである。ちなみにヒスイさんは普通に着衣水泳だ。
 しかしこの鍛錬、ゲームなのに息切れの苦しさが結構再現されていて、苦行である。ヒスイさん、痛覚関連の設定きつめにいじってないよね?

「ミドリシリーズって、水中で活動できないのか?」

 俺は泳ぎながら、ふと疑問に思ったことをヒスイさんに尋ねた。

「当然できますよ。内蔵動力の動作に大気中の成分を必要としていないので、呼吸をしなくても何の問題もありません。呼吸をする機能はありますが、特に意味はないフレーバー的機能ですね」

「じゃあ、こうして息の切れる水泳の訓練なんて、しなくていいんじゃあ……」

「何を言っているんですか。ヨシムネ様がしているのは、現実の身体の動かし方練習などではなく、ゲームのための特訓ですよ。ゲームのプレイヤーキャラクターは人類の身体であることが多いのですから、呼吸を必要としないロボット的な水中行動などを習得しても、役には立ちません」

「厳しいなぁ……」

 そうして俺は、ゲーム上の暦で二ヶ月間みっちりと水泳を鍛え、ミズチに挑むこととなった。
 膝丈までの水が場を満たす前半戦は、最早楽勝だった。

「よし来るぞ、来るぞ、来るぞ……来た! 行くぞ、ヒスイ流水泳殺法!」

 水に満たされた戦闘ステージを勢いよく潜り、後半モードになった水中のミズチに再接近。
 俺の武器の種類は相変わらず打刀だが、斬りつけるのは水の抵抗が大きいので突きを数発おみまいする。
 まだ行けそうだが、焦りは禁物だ。素早く上昇し水面から顔を出し、息を吸う。
 そこで、ミズチが体当たりをしてきたので、身体をずらし、さらにカウンターで斬りつける。

 戦闘は順調だった。
 ヒット&アウェイで息継ぎをこまめに行ない、巨体から繰り出される攻撃は、今まで敗北戦の中で散々見てきたモーションを見切って回避する。
 やがて……。

「ぎゃー! ミズチが発狂した!」

 瀕死のミズチが狂ったように動き回ると、水面が渦を巻き水中ステージは激流となった。

「あと少しです、頑張ってください!」

「ヒスイさん、なんで激流に飲まれてないの!?」

 ヒスイさんが渦巻く水面を平然と立ち泳ぎしていた。
 むむむ。俺もヒスイさんの真似をすれば、ああやって安定するのでは?

「ゆくぞ、ヒスイ流水泳術……できねぇー!」

 俺は渦に飲まれ、ミズチの体当たりを食らった。
 その後、ぐだぐだになりながらミズチに一撃を与え、なんとかミズチ退治を成功させることができたのだった。

「勝った! 『-TOUMA-』完!」

 戦いを振り返ってみると、ミズチは生命力がかなり低かったな。足場が不安定な分、簡単な攻撃で倒せるようにしてあるのだろう。

「では、戻ったら魔王戦用に対人稽古ですね」

「俺達の戦いはこれからだ!」

 本当にこれからだよ。ラスボスがミズチより弱いなんてことはあるまい。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析