ハーメルン
21世紀TS少女による未来世紀VRゲーム実況配信!
9.-TOUMA-(剣豪アクション・生活シミュレーション)<6>

 俺は気がつくと、道ばたで寝転がっていた。身体を起こすと、そこはゲームの中の屋敷の前。
 屋敷は異界化を解かれ、完全に崩壊していた。
 そして、その崩れた屋敷の上に、太陽があった。

「なんだありゃあ」

「おそらく、ラスボスの最終形態ですね」

 と、いつの間にか隣にヒスイさんが来ていた。彼女も爆発に巻き込まれてここまで吹き飛ばされたのだろうか。もし爆発すら回避したというなら、ミドリシリーズという物の評価をさらに上方修正しなければならない。

「空を飛ぶ妖怪も今までいくつか登場しましたが、あのような形をした妖怪は初めてですね」

 そのヒスイさんのコメントを聞き、改めてラスボスらしきものを見る。
 黒い炎をまとった、赤い太陽。それが屋敷跡の上空に、今も浮き続けていた。

「ありゃあ、空亡かなぁ」

「くうぼう、ですか?」

「21世紀の創作妖怪だよ。犬の姿をした神様を操作する和風ゲームで有名になって、その後いろんなゲームに登場するようになった、太陽の形をした妖怪だ」

「その時代の創作妖怪というと、都市伝説の類でしょうか」

「都市伝説とはまた違うんだよなぁ……元は大昔の百鬼夜行を描いた絵巻だったかな。それの百鬼夜行の最後尾に描かれた太陽。つまり、百鬼夜行が解散する時刻の太陽の姿があって、それを21世紀の人達が妖怪化したものだったはずだ。百鬼夜行の最後に出てくる妖怪になるから、つまり妖怪の大ボスってわけだ」

「なるほど。由緒正しい妖怪ですね」

「由緒正しいかなぁ」

「妖怪とは人々の誤認識や作り話から生まれる、架空の存在と認識しています」

「まあ未来の時代には、妖怪も実在するとか言われたらそれはそれで困るけど……」

 そんな会話を交わしていると、空亡がうごめきだした。
 そして、赤い太陽の部分から赤い液体のようなものが地面に向けて垂れてきて、地面に着いた途端それは明確な形を取り始める。
 それは、黒い炎をまとった赤い妖怪。その姿に、俺は見覚えがあった。

「チュートリアル! チュートリアルの妖怪じゃないか!」

 懐かしすぎる……。
 それを眺めていると、空亡からさらに液体がこぼれ続け、どんどんと赤い妖怪が地面に発生していく。

「野犬さんちいーっす! 当時はお世話になりました! あ、あっちは天狗の旦那! 泥田坊は田んぼステージじゃないのに来て大丈夫? もうオールスターだな、これ」

 ラスボス最終形態空亡の能力は、百鬼夜行を作り出す物だったようだ。

「あれ、これ俺一人で倒すの? 無理ゲーじゃん」

「それは大丈夫でしょう」

 俺が絶望していると、ヒスイさんがそんなことを言ってくる。なに? とうとうヒスイさん参戦? そう思っていると……。

『皆の者! けっして後ろに妖怪を通すではないぞ!』

『おおおおお!』

「って、これは、屋敷の周りに居たお侍さんと妖怪退治屋さん達か!」

 NPCの集団が、赤い妖怪に襲いかかる。赤い妖怪は生命力が少ないようで、すぐに散っていく。
 空亡はそれが気にくわないのか、地面に垂らす液体の量をどんどんと増やしていく。

『呪術師隊、あの太陽を地に落とすのだ!』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析