ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は強か少女と出会う。



 人間は愚かしい。
 ある者は私欲のために他者を足蹴にし、他者の不幸に悦を感じる。
 ある者は他者を傷つけることに悦を感じ、理由無く人を傷つける。
 ある者は資質が備わっていながらそれを腐らせ、他人の脚を引くことに精を出す。
 差別、貧困、理由無く虐げられる弱者。
 ふと周りを見回してみるだけでも、世の中には理不尽と呼べる不幸に溢れている。
 無意味に迫害され、無意味に殺される人間。
 そして、それを何の罪の意識も抱かずにやってのけるのもまた人間だ。
 あぁ、諸皆総じて愚かしい。
 だがこうも思う。

 それこそが人間本来の姿なのだろう、と。

 善と悪、至極単純な二元論で語るならば、人は容易く悪へと流れる。
 なぜならば、そのほうが生きることが簡単であり、そして快楽を得やすいからだ。
 欲に溺れ、己のためだけに生きることがどれほど容易いか。
 そして、個々の欲が一つのコミュニティを覆い尽くせばどれほどの混沌が訪れるのか。
 それは歴史が指し示す通りだ。

 嘗て眠れる獅子と呼ばれていた大国は、別国より齎された()()()()()によって無残に堕落させられた。

 ただ手を伸ばせば簡単に手に入る快楽に、人は心底溺れやすい。
 そしてその欲は加速し、伝播し、ついには国一つを崩壊させるに至った。
 人の欲とはそういうものだ。
 だからこそ、世界は禁忌の果実を厳重に管理し、ある国では禁じる方向へと進んだ。
 つまり果実を喰らうことは悪だと定めたのだ。
 そうしなければ人は容易く果実に溺れると分かっていたからだ。

 果実だけでなく、世の中には社会や法で悪だと定められたものは数知れず存在する。
 なぜならば、そうしなければ人は簡単に目先の蜜へと手を染めるからだ。
 手の届く範囲に蜜があれば、人はその味を覚え、そしてさらなる蜜を求めてやまない。
 悪だと定められた概念は総じて、定めなければ社会というコミュニティが崩壊する可能性を孕んでいる。

 だが逆説的に言えば、そうしなければ人は善の道を歩こうとは思わない生物だということでもある。

 悪を悪であると、手を染めてはならぬことだと誰しもが口を揃えて言うだろう。
 しかし何故それが悪であるかを語ることの出来る者はそう多くない。
 社会が、法がそれを許さないからだ。というのは実に陳腐な理由だ。
 果実を喰らえば肉体に影響を及ぼし、生活を営むのが困難になる。
 他者を傷つければ法で裁かれる。

 だがそれがどうした? 


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析