ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼はAクラスの女王と出会う。



「隣、よろしいでしょうか?」

「んっ?」

 5月初日から1週間経ったある日の昼休み。
 食堂で昼食を摂っていた柚椰はふと声をかけられた。
 顔を上げると、そこには片手に杖を持ち、もう片方の手でトレーを持っている銀髪の女子がいた。

「あぁ、いいよ。どうぞ」

 隣の席は空いており、別段断る理由もなかったため柚椰は快諾した。
 両手が塞がっているその女子に配慮して彼女が座れるように椅子を引いた。

「ありがとうございます」

 柚椰の紳士な行いに気を良くしたのか、少女は微笑んで礼を述べた。

「いつも昼食はここで召し上がっているのですか?」

「基本的にね。ここは学校の学食とは思えないほどレベル高いし」

「確かにそうですね。とても一学校の食堂とは思えません」

 少女はそう言うと、自身が頼んだ料理に手をつけ始めた。

「制服の綺麗さから察するに、同じ1年生かな?」

「はい。私、Aクラス所属の坂柳有栖と申します。以後お見知りおきを」

 少女は一旦箸を置くと、しっかりと柚椰の目を見て自己紹介をした。
 彼女に習い、柚椰も箸を置いてしっかりと目を合わせた。

「Dクラスの黛柚椰だ。どうぞ末永くよろしく」

「はい、よろしくおねがいします。黛君」

 互いに名前を名乗り終え、二人は再び食事を再開する。

「黛君はDクラスだったんですね」

「あぁ、たった1ヵ月で1000ポイント吐き出したイカれたクラスの所属だよ」

 そう言って柚椰は自虐するように笑った。
 彼の自虐に坂柳も可笑しそうに笑う。

「そのわりには随分と余裕そうだと見えますね。
 貴方は今、この食堂のメニューでも高い部類のスペシャル定食を食べている。
 よろしければ参考までに現在のプライベートポイントを教えていただけますか?」

「いいよ、ほい」

 あっさり快諾した柚椰は、以前堀北にしたのと同じように端末を差し出した。
 躊躇い無く承諾されたことに少し驚きながらも坂柳は端末の画面を覗き込んだ。
 そこに表示されている柚椰のプライベートポイントの額に彼女は目を見開いた。

「驚きましたね...まさかこれほど多いとは思いませんでした。
 どのように増やしたのか教えていただいても?」

「賭け勝負やってる部活を手当たり次第荒らしていった。OK?」

「黛君は賭けにお強いのですね。それにしても...
 4月の段階でポイントを増やすなんて、まるでこれから減ることを知っていたようですね」

 坂柳はそう言って微笑んだ。
 その笑みは、暗に柚椰がそうであると確信しているぞと言っているようだ。
 そして柚椰もまた、彼女のその笑みを見て()()()()を確信した。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析