ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は強か少女を従える。



「んー、出ないな...」

 図書室を出た柚椰はすぐさま櫛田に連絡を取ろうとした。
 しかし2、3回かけても一向に繋がらない。
 電源を切っているのか、あるいは着信に気づいていないのか。
 居所が分からない以上、彼女を探しに行くしかなかった。

(彼女の性格上居るとすれば人の居ない、誰にも見られていないところ、か)

 居場所に大体の見当をつけた柚椰はひとまず一番可能性の高い場所へと向かう。
 するとすぐに道中で櫛田と思われる後姿を発見した。
 彼女は校舎の中へと入っていき、上の階へと続く階段を上っていった。

(やはり屋上か。あそこには学校が仕掛けたカメラはない)

 この学校には夥しい数の監視カメラが仕掛けられている。
 しかし、一部の部屋や場所には仕掛けられていない。
 その内の一つが屋上だ。
 柚椰の予想通り、櫛田はどんどん階段を上っていき、ついに屋上の扉の前で立ち止まる。
 彼女の後姿を()てこれから何かが起こると察知した柚椰は、咄嗟に左手首に付けていた腕時計を触った。





「あー......ウザい」

 櫛田が発した声は、彼女のものとは思えないほど低かった。

「マジでウザい、ムカつく。死ねばいいのに......」

 まるで呪詛を唱えるかのように、彼女はぶつぶつと暴言を呟く。

「自分が可愛いと思ってお高く止まりやがって。
 お前みたいな性格の女が勉強教えられるわけないっつーの!」

 櫛田の罵声の矛先は、言わずもがな堀北だった。

「あー最悪。ほんっと、最悪最悪最悪。堀北ウザい堀北ウザい、ほんっとウザいっ!」

(この光景を池に見せたら卒倒するだろうな...)

 暴言を撒き散らす櫛田の姿を見ながら柚椰はぼんやりとそんなことを考えていた。
 クラスのアイドルであり、誰にでも優しい少女の裏の顔。
 彼女が絶対に誰にも見せたくないであろう顔。
 櫛田は堀北を心底嫌っているのだろう。
 堀北が櫛田を嫌っているように、いやそれ以上に櫛田は堀北を憎悪している。
 では、何故櫛田は嫌いであるはずの堀北がいる勉強会に参加したのだろうか。
 提案したのは柚椰であるが、断ることも当然出来たはずだ。
 にも関わらず彼女は二つ返事で了承した。
 疑問は今日の勉強会のことだけではない。
 そもそも櫛田は、何故嫌いであるはずの堀北に近づいたのか。
 幾度となく遊びに誘い、友達になってほしいと声をかけた理由は何だ。

(嫌いであるはずの人間に近づく理由...()()か?)

 柚椰がある一つの可能性に気づいたとき、櫛田が屋上の扉を思いっきり蹴り開けた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析