ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は孤独少女の兄と出会う。



 夕食を終え、櫛田を部屋へと送り届けた柚椰は夜風に当たりながら敷地内を散策していた。
 そしてそろそろ自室に戻ろうとしていた矢先、寮の近くで物陰に隠れている綾小路を見つけた。

「綾小路、何してるの? そんな所で」

「黛か......あれを見てみろ」

「んー? なんだ、堀北じゃない。一緒にいるのは......生徒会長?」

 綾小路の指差す方へ視線を移すと、そこには堀北と、以前演説をしていた生徒会長が何やら話をしているのが見えた。
 しかし、ただ話をしていると言うには少々雰囲気が殺伐としている。

「Dクラスになったと聞いたが、3年前と何も変わらないな。
 ただ俺の背中を見ているだけで、お前は自分の欠点に気づいていない。
 この学校を選んだのは失敗だったな」

「そんなことは......! 私はAクラスに上がってみせます。そしたら──」

「無理だな。お前はAクラスには辿り着けない。それどころかクラスも崩壊するだろう。
 この学校はお前が考えているほど甘いところではない」

「絶対に、絶対に辿り着いてみせます......」

「無理だと言っただろう。本当に、聞き分けのない妹だ」

 生徒会長の言葉から、彼と堀北は兄妹であることは察せられた。
 彼の表情には一切の感情が宿っておらず、実の妹であるはずの堀北をまるで何の興味もないように見ている。
 刹那、彼は無抵抗な妹の手首を掴み、強い力で壁に押し付けた。
 柚椰はこの後何かが起こると考えて素早く腕時計を触り、同時に端末のカメラも起動した。




「どんなにお前を避けたところで、俺の妹であることに変わりはない。
 お前のことが周囲に知られれば、恥をかくのはこの俺だ。今すぐこの学校を去れ」

「で、出来ません......っ。私は、絶対にAクラスに上がってみせます......!」

「愚かだな、本当に。昔のように痛い目を見ておくか?」

「兄さん、私は──」

「お前には上を目指す力も資格もない。それを知れ」

 刹那、堀北の身体が引かれ宙へと浮いた。
 突然のことで堀北は全く受け身が取れていない。
 このままだと彼女はコンクリートの地面に叩きつけられるだろう。
 危険を察知した綾小路が物陰から飛び出していく。
 そして気配を悟られる前に、彼は堀北の手首を掴む生徒会長の腕を掴み取り行動を制御させた。

「......何だ? お前は」

 生徒会長は自分の腕を掴んでいる綾小路へ鋭い眼光を向ける。
 堀北はいきなり出てきた綾小路を見て目を白黒させていた。

「あ、綾小路君!?」

「あんた、今堀北を投げ飛ばそうとしただろ。ここはコンクリだって分かってんのか。
 兄妹だからってやって良いことと悪いことがある」

「盗み聞きとは感心しないな」

「いいからその手を離せ」

「それはこちらのセリフだ」

 二人は睨み合い、暫しの沈黙が広がる。

「やめて、綾小路君......」

 絞り出すように、堀北の弱々しい声が響く。
 綾小路は彼女の要求を呑み、渋々腕を離す。
 その瞬間、生徒会長の恐ろしい速度の裏拳が綾小路の顔面目掛けて飛んできた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析