ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は学徒の王と契約する。



「ハロー生徒会長さん、昨日ぶりですね」

 綾小路と堀北と櫛田が須藤たち3人を説得している頃。
 生徒会室を訪れた柚椰は開口一番そう言った。
 室内には彼の言う通り、生徒会長である堀北学が一人で事務作業をしていた。
 堀北会長は昼休みの来客、それも相手が昨日出会った柚椰ということもあり作業を中断して彼と目を合わせた。

「黛か、何の用だ? 生徒会への立候補、ということでもないんだろう?」

「話が早くて助かります。昨日の夜に会長さんが起こした暴行未遂についてなんですけど、
 実は一つ言い忘れていたことがありましてね。まずはこれを見ていただければと」

 柚椰はそう言って端末を操作してとあるデータを再生した。
 それは昨日の夜、寮の近くで会長が堀北をコンクリートに叩き付けようとしたときの映像だった。
 それだけではなく、会長が綾小路を執拗に攻撃している場面、そして柚椰に殴りかかって来た場面が映し出されていた。

「......」

 会長は黙って動画を見ている。しかしその表情は普段とは異なり、驚いているようにも見える。

「いやぁ、実は端末のカメラ以外でも動画を撮っていたことをすっかり忘れていましてね。
 動画以外にも、会長さんが妹さんに吐いた暴言とも取れる音声も録音してあったんですよ」

「......何が目的だ?」

 白々しくヘラヘラと笑う柚椰を会長は射殺さんばかりに睨みつけた。
 柚椰が昨日すんなりと動画を消させたのはブラフであり、本命はこのデータを使ってこちらを強請る魂胆だったと気づいたのだ。

「ポイントか? それとも、お前を生徒会に入れるよう斡旋しろとでも言うつもりか?」

「いえいえ、流石に俺も会長さんの弱みに付け込んで金を巻き上げるようなことはしませんよ。
 ただ、どうしてもデータを闇に葬りたいと仰るのなら、一つお願いがありましてね」

「言ってみろ」

 会長が促したことで、柚椰はニヤリと笑みを浮かべた。



「この学校の()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()を頂きたいんですよ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析