ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は今後の仕込みに奔走する。



 放課後、Dクラスの面々は各々行動を開始した。
 大多数の人間は中間テストに向けた勉強会に参加するために平田の元へ集まっていく。
 そして彼らの輪に入ろうとしなかった池と山内、そして沖谷は綾小路と堀北のところへ行った。
 しかしごく僅か、そのどちらの輪にも入り込むことを躊躇うあまり勉強会に参加しない者もいた。
 彼らは独学でなんとか乗り切ろうとしているのだろう。
 テストの不安よりも、大勢の人間の中に溶け込むことの方が彼らにとってはストレスを感じるのだ。
 結果、彼らは足早に教室を出ていった。
 その光景を、綾小路たちは遠目から見ていた。

「やっぱり漏れる奴らはいるか......」

「うん、そうだね......出来ればあの子達も一緒に勉強できればいいんだけど」

 綾小路がボソッとつぶやいたのを櫛田が拾った。

「いいっていいって! どうせ自分の力でなんとかするだろ?」

「だな、それよか俺らは堀北ちゃんや櫛田ちゃんに教わってガシガシ勉強して良い点取ろうぜ!」

 池と山内は昼休みに櫛田から提示されたご褒美で完全にやる気になっているようだ。
 結果、昨日とは別人のように勉強に対して意欲を示している。

「俺も教えるんだが......」

 ナチュラルに省かれていることに綾小路がツッコミを入れる。

「大丈夫だ綾小路、俺は君の味方だよ」

 柚椰がニコニコしながらフォローした。


「ところで池君、山内君、結局須藤君は説得できたのかしら?」

「あー、それね......」

「見ての通りだよ」

 堀北に問われた2人は疲れたような顔で一点を指差した。
 そこにはいそいそとカバンに荷物を詰めて教室を出て行く須藤の姿があった。

「ご覧の通り、説得は無理だったって訳」

「自分にはバスケがあるから勉強なんていい、ってさ。
 バスケバカって言うよりは意地張ってるだけだなありゃ」

「で、でも須藤君だって赤点取ったらバスケットどころじゃないって分かってるはずだよ? 
 なのにどうして......?」

「櫛田ちゃん、俺らは櫛田ちゃんのご褒美が欲しくて勉強する気になるような単純な奴だけどさ、
 アイツの気持ちも分からんでもないのよ」

「あぁ。アイツ、マジでバスケでプロになろうとしてるからな。
 周りに置いてかれるかもっていう焦りもあるだろうし、勿論勉強への不安もある。
 多分今アイツは、自分でもどうすりゃいいか分かってねぇんだと思う」

 櫛田が漏らした疑問の声に池と山内は各々持論を述べた。
 それは彼らが須藤の友達だからこその発言だった。
 同じ赤点組同士通じ合うものがあるのだろう。

「放課後勉強しなくてもいいって言われても......?」

「男の意地なんだろうな〜いや、熱いね〜」

「つーか、マジであのガタイでツンデレとか誰得だっつの」

 しょうがない奴だと言いたげに2人は笑った。
 2人にとって須藤は大切な仲間なのだろう。
 しかし状況は決して楽観視できるものではない。

「だが、このまま手を拱いていると本当に須藤はボーダーを割ることになるぞ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析