ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は不良少年を手懐ける。



 時刻は午後7時。既に陽は沈み、辺りは暗くなっていた。
 既に殆どの生徒たちは寮へ帰宅しており、校内に残っているのは部活に所属している生徒のみだ。
 一通り用事を済ませた柚椰は目的の人物に出会うために体育館へと足を踏み入れた。
 体育館の中に入ると、目当ての生徒はすぐに見つかった。

「ふっ!」

 既に部活は終了しており、部員も帰宅しつつある中、その生徒は体育館に残っていた。
 彼は熱心にバスケットボールを突き、汗を流している。
 素早いドリブルでゴールまで向かうと、彼はその体躯を駆使して大きく飛び上がり、ボールをリングへ叩き込んだ。
 その一連の動作は鮮やかと言う他なく、彼のバスケセンスが確かなものであることが伺えるものだった。

「よっ! 居残り練習とは精が出るね、須藤!」

「あぁ? ......って、なんだ黛か」

 いきなり声をかけられたことに驚き半分怒り半分と言った様子で須藤は声のする方へガンを飛ばした。
 しかし相手が柚椰だと分かると直ぐにその怒りを鎮めた。

「何の用だよ? 言っとくが、俺は勉強会なんざ参加しねぇぞ」

 須藤は柚椰が勉強会に誘いに来たと思ったのか、再びボールを突き始めた。
 その態度に柚椰は可笑しそうに笑みを浮かべる。

「あはは、やっぱ昨日堀北にボロクソ言われてムカついたかい?」

「当たり前だろ。自分の夢を愚かだなんだと言われてヘラヘラしてられる方がどうかしてるぜ。
 っつーか、マジであの女ムカつくぜ......! 人のこと好き放題馬鹿にしやがってよ」

 須藤は昨日の一幕を思い出したのか怒りを沸沸と滾らせ始めた。
 彼はまだ堀北のことを許していないのだ。
 そんな状態で、勉強を教わるというのは彼のプライドが許さないのだろう。

「まぁ、人間って自分の理解できないことには大概無神経なことを言うものだ。
 堀北にとって、プロバスケ選手って夢は理解できないものだったってことだろ」

「俺はあの女のそういう所がムカつくんだよ。周りは皆自分より劣ってると思って見下してやがる。
 っていうか、俺に言わせればAクラスに上がるっつーアイツの夢の方がどうかしてると思うがな」

「とても非現実的だ。そんな夢を掲げて馬鹿なんじゃないか、って思ってる?」

「あぁ、どう考えても無理だろそんな夢。皆で力を合わせてAクラスに上がりましょうだぁ? 
 ハッ! 馬鹿馬鹿しい。そんなこと夢見てるアイツは俺より愚か者で、ただの浮かれ女だよ」

 この場に本人が居ないのを良いことに、須藤は好き勝手に暴言を吐き連ねる。
 その姿に柚椰は一層可笑しそうに笑った。

「はははっ、随分とボロクソに言うね。
 でもさそれって、堀北も今の須藤と同じようなことを、須藤に対して思ってるだけだろ? 
 互いに相手の夢が理解できない。無理だと思ってるからこそ愚かだと思うわけだ」

「あぁ?」

 言っていることが理解できないのか須藤は鬱陶しげに柚椰を睨んだ。

「須藤が本気でプロになろうとしているのと同じだ。
 堀北も本気でAクラスに上がろうとしている。
 夢を本気で追うことの過酷さと辛さ、そして楽しさは須藤が一番良く分かってるだろ? 

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/10

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析