ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は同窓の徒を分析する。



「皆、少し聞いて貰ってもいいかな?」

 そう声を上げたのは好青年という言葉がそっくり当てはまりそうな男子生徒だ。
 いかにも優等生といった雰囲気でクラスの中心にいそうな男子。

「僕らは今日から同じクラスで過ごす仲間だ。
 今から自発的に自己紹介でもして一日でも早く皆が仲良く出来ればと思うんだ。
 入学式までまだ時間もあるし、どうかな?」

「さんせー! 私たち、まだ皆の名前全然わかんないし」

 一人が提案したことで、それまで迷っていた生徒たちが次々に賛同した。

「じゃあ言い出した僕から。僕は平田洋介。
 趣味はスポーツ全般だけど、特にサッカーが好きかな。
 気軽に洋介って呼んでほしい。よろしく」

 言いだしっぺの男子、平田はスラスラと、つつがなく自己紹介をやってのけた。
 彼の後に続く形で一人、また一人と自己紹介をした。
 途中口下手な、というより人の前で話すことが苦手なタイプの女子もいたが、周りの生徒のアシストもあってなんとかこなしていた。

「俺は山内春樹。小学では卓球で全国に、中学では野球でインターハイまでいったけど、怪我で今はリハビリ中だ。よろしく~」

 冗談を交えて自己紹介を行ったこの男子は、所謂お調子者といったところだろうか。



「じゃあ次は私だねっ」

 事の成り行きを見ていた柚椰の隣から元気のいい声が聞こえた。
 朝から既に何度も聞いた聞き覚えのある声。

「私は櫛田桔梗と言います。
 中学からの友達はこの学校にはいないので一人ぼっちです。
 あ、でも今日朝に一人、友達が出来たかな。
 早く顔と名前を覚えて、みんなとも友達になりたいって思ってます」

 大抵の生徒が一言、二言で終わる自己紹介で櫛田は尚も語った。

「私の最初の目標は、ここにいる全員と仲良くなることです。
 皆の自己紹介が終わったら、ぜひ私と連絡先を交換してください」

 物腰柔らかという言葉が相応しい櫛田の自己紹介は男女問わず多くのクラスメイトの心を掴んだ。

「それから放課後や休日は色んな人とたくさん遊んで、
 たくさん思い出を作りたいので、どんどん誘ってください。
 ちょっと長くなりましたが、以上で自己紹介を終わりますっ」

 最後に、自分の親しみやすさをアピールして彼女の自己紹介は締めくくられた。
 多くの男子生徒はその可憐さに心奪われたのか、彼女に大きな拍手を送っている。
 女子生徒もまた、親しみやすそうだと彼女に好印象を抱いているようだ。



「(彼女の口ぶりから察するに、交友関係は他クラスにも及びそうだ......)」

 既に櫛田の性格を把握していた柚椰は彼女の長所がそこであるということに気づいた。
 彼女はクラスという枠組みで友達の線引きはしないだろう。
 楽しい学校生活を送りたいという思いは嘘ではないだろう。
 しかしそれ以上に、彼女は自分の価値を高めることに暇がない。
 幅広い交友関係を築いているというのはそれだけで一種のステータスになりうるのだ。

「(もし俺が立てた仮説が正しいのなら、彼女の人脈は大きな武器になる......)」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析