ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は仮説を検証する。



 自己紹介の一幕から数時間が経過した。
 入学式は滞りなく行われ、生徒は再び教室で軽くホームルームをした後に解散となった。
 するとゾロゾロとクラスメイトたちが身支度を整えて教室を出て行き始めた。
 7割近くの生徒は学生寮へ帰るようで、残る3割はいくつかのグループに分かれて早くも遊びに繰り出すつもりのようだ。

「あ、ねぇねぇ黛君っ」

 鞄を肩に掛け、教室を出ようとした柚椰に櫛田が声をかけてきた。

「今からみんなと軽くお茶しにいくんだけど、一緒に行かない?」

 どうやら用件は遊びのお誘いだったようだ。
 入学初日にして、早くもクラスの中心的立ち位置を獲得した櫛田からの直々のお誘い。
 彼女に直接誘われたという羨ましさに、同行する予定だった男子たちは柚椰を睨んでいた。
 そんな男子たちの視線が痛いからか、柚椰は苦笑いしながら頭を掻いた。

「あー、俺もみんなとお茶したいのは山々なんだけど...
 ちょっと先に行きたいとこあるんだよね。だからごめんね」

「行きたいとこって?」

「寮生活だし日用品を買いにね。
 新年度だから混むだろうし、早めに買って揃えとくかなって」

「なるほど~黛君頭良いね!」

「生活力あるのは櫛田的にポイント高いかな?」

「うんうん、高い高い!」

 誘いを断ったにも関わらず櫛田から好感を得たことに、見ていた男子たちは一層嫉妬の篭った視線を柚椰にぶつけた。
 そんなことに気づいているのかいないのか、尚も柚椰は櫛田と会話を続けた。

「あ、なんだったら櫛田の分も買っとこうか? 
 ティッシュとかタオルとか、消耗品なら男女関係なく使うだろう?」

「なっ!?」

「あんにゃろー!?」

「こうもさり気なく紳士ぶりをアピールしやがるとは!」

 柚椰がした提案を耳に入れた男子たちは皆戦慄していた。
 自然に女子に優しくし、自らの存在をアピールする手腕。
 既に男子たちの中で、黛柚椰は抜け目のない奴だという認識で固まった。
 尤も、当の本人である柚椰はそんなことは一切考えていないのだが。


「えぇっ!? そ、そんなの悪いよ~! 黛君に余計な荷物増やしちゃうし」

「気にしなくていいよ。男手なんて使えるときに使っとくものさ。
 代わりに立て替えておくくらい構わないよ」

「うーん、じゃあお願いしちゃおっかな?」

 櫛田は柚椰の厚意に素直に甘えることにしたようだ。

「はいよ、任せといて。
 あ、部屋番号教えてくれれば後で部屋まで届けるけど?」

「と、届けてくれるの!?」

 まさかそこまでやってくれるとは思っていなかったのか櫛田は驚いていた。
 聞いていた男子たちも驚いている、というよりキレている。
 男子たちからすれば柚椰は入学初日、今日知り合った仲にも関わらずグイグイ攻めているように見えるからだ。

「手を出すなら終いまでってのが俺のポリシーでね。
 俺の部屋にあるから取りに来いってそれじゃあ結局櫛田に持たせることになるでしょ? 
 荷物になる物もあるし、最後までやらせてよ。
 あ、でも流石に男に部屋番号教えるのは女性的に不味いかな?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析