ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は彼女に尋ねる。



 学校に到着した柚椰はまず初めにある場所へと向かった。
 事前の推測を確かめるために食堂に行くというのも選択肢としてはアリだった。
 しかし彼は不要だと思っていた。
 もう既に先の推測はほぼ確実に当たっていると確信していたからだ。
 一つ確信を得たことで、彼の興味は次の項目へと移った。
 今彼が最優先で調査したいと考えていることはポイントの増やし方についてだ。

 であるならば、目指す場所はただひとつ──







「失礼します、1-Dの黛です」

 訪れたのは職員室だった。
 情報を集めるならば、まず初めに教員から当たるつもりらしい。
 1年生が、それも入学初日から職員室に訪れたのは珍しいのか、
 室内で作業をしていた教員数名は入り口に立っている柚椰に視線を移した。
 しかしそれもあくまで一瞬、直ぐに各々の作業を再開した。
 流石は一流高校の教員といったところだろうか。


「黛か、どうした? まさか初日から何か問題を起こしたわけではなかろうな?」

 柚椰の担任である茶柱先生が、どこか楽しそうにそう尋ねてきた。
 彼女はホームルームのときと違い、多少なりとも柔らかい雰囲気を纏っていた。
 オンオフのしっかりした人なのか、案外こっちが素なのかもしれないと柚椰は思った。

「あー、いえ、実は茶柱先生じゃなくて、星之宮先生にちょっと用が」

「え、私?」

 星之宮先生は傍で聞き耳を立てていたのか、いきなり話を振られたことにキョトンとしていた。
 彼女は星之宮知恵、1-Bの担任である。

「Dクラスの黛君が私に用だなんてどうしたの? 
 あ、まさか先生に惚れちゃったかな~? でも私は先生だからダメよ~?」

「いや、そうじゃなくて、少し質問したいことがありまして」

 星之宮先生はまったりとした喋り方で柚椰をからかった。
 しかしそんな冗談を柚椰はサラリと流しながら用件を告げた。

「なんだ黛、私では不満か?」

 まさか担任である自分ではなく、違う教員に質問しにくるとは思わなかったようで、茶柱先生はそう尋ねた。
 言葉だけ聞けば不満そうな感じを受けるが、実際は不満というよりは面白いものを見るかのようにニヤリと笑っている。

「茶柱先生に不満なんてないですよ。
 ただ、今回の内容はフレンドリーそうな星之宮先生の方が聞きやすいと思って」

「なるほどね~、佐枝ちゃんお堅いからね~」

「余計なお世話だ」

 星之宮先生の言葉を茶柱先生は一蹴した。


「じゃあ黛君、お話聞かせて? ちょうど生活指導室開いてるから行こ~」

 星之宮先生はそう言うとニコニコしながら職員室を出て行った。

「はい。茶柱先生、失礼します」

 柚椰も茶柱先生に一礼すると、先に出て行った星之宮先生を追うべく職員室を後にした。










「それで? 聞きたいことってな~に?」

 星之宮先生は生活指導室として設けられている部屋に柚椰を通した。
 そして彼が席に座るや否や、早速話の内容について尋ねた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析