ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は孤独少女と友達になる。



 学校二日目、さっそく今日から授業が行われた。
 初回授業ということもあって、ほとんどの授業はガイダンスのみだった。
 教師陣は明るくフレンドリーだったため、生徒たちは皆直ぐに緊張が解れていた。
 中には初回早々居眠りや私語をしている者までいた。
 しかしそんな生徒たちは教師に注意されることはなかった。
 教師が気づいていなかったわけではない。
 気づいた上で一切注意しなかったのだ。
 しかし、決して無視をしていたわけではない。
 それは教師たちを()れば柚椰には簡単に分かった。

「(全ての教師に共通していた感情。それは()()()()......確定だな)」

 教師たち一人一人を視た柚椰は彼らの秘めていた感情を読み取っていた。
 授業妨害とも取れる態度を取っている生徒への、ともすればクラス全体への軽蔑。
 そしてこの行為によって後に何かがあると分かっているが故の嘲りの感情だった。
 一般的な学校で考えれば、後の科目別成績評価に響くと考えるのがベターだ。
 しかしこの学校においては違う。
 授業態度の悪さはそのまま生徒自身の評価へと直結する。
 そして評価に直結するということは、ポイントに影響を及ぼすということに他ならない。

「(昨日聞いたクラスポイントという単語から察するに、ペナルティはクラス単位で執行される)」

 昨日星之宮先生との会話で出てきた単語から、柚椰は今後起こりうる現象について大凡の予想を立てていた。
 そして、それを踏まえた上で今後どう立ち回るか対策を練っていた。

「(まだ二日目、今はこの事よりも学校全体について知るべきだな)」

 柚椰は一旦そこで思考を打ち切ると席を立った。
 時刻はお昼時。つまり今は昼休みだ。
 であれば当然行くところは決まっていた。









「いただきます」

 数十分後、校内の食堂で手を合わせている柚椰の姿があった。
 購買でパンなどを買って教室で食べるという選択肢もあったが彼は学食を選択した。
 理由は単純。昨日の考察通りなら学食にあるであろう無料のメニューを一度試してみたいと思ったからだ。
 案の定学食の券売機には無料と書かれているメニューが存在した。
 名前は山菜定食。その名の通り山菜をふんだんに使用した定食だ。
 手を合わせた柚椰は早速箸で山菜をひとつまみすると口へと運んだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析