ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
彼は強か少女の頼みを断る。



「いただきますっ」

「はい召し上がれ。つっても俺が作ったわけじゃないけどね」

 水泳の初回授業の翌日、昼休みの食堂で櫛田と柚椰は昼食を摂っていた。
 授業での約束通り、このランチは全て柚椰の奢りである。
 しかもご丁寧に食後にはデザートまで付いている。
 至れり尽くせりとはこのことだ。
 二人は談笑しながら食事を進め、櫛田は柚椰が奢ってくれたデザートに手をつけた。

「ん~、おいしっ」

 デザートのバニラアイスに櫛田はご満悦のようだ。

「そんなに美味しそうにされると奢り甲斐もあるね」

「えへへ~でもまさか本当に1位獲るなんて思わなかったよ。
 黛君って他にどんなスポーツやってたの?」

「ははっ、昨日堀北にも同じようなこと聞かれたよ。
 部活であるようなスポーツは一通りやったかな」

 柚椰は水泳の授業で掘北に似たような質問をされたことを思い出して笑うと、堀北のときと同じような返答をした。
 しかし櫛田は柚椰から堀北の名前を聞くとどこか暗い表情になった。

「どうした櫛田?」

「黛君ってさ、最近堀北さんと仲良いよね...」

「友達だからね。まぁ、堀北は否定してるけど」

「でも堀北さんって黛君と綾小路君としか喋ってるところ見たことないよ?」

「堀北は基本的に一人で居るのが好きっぽいからねぇ。
 そういえば櫛田も堀北のこと何回か遊びに誘ってたよね?」

「うん、毎回バッサリ断られちゃうんだけどね...あはは」

 そう言って櫛田は力なく笑った。
 彼女が堀北を放課後の遊びに誘う場面は柚椰も何回か見ていた。
 しかしその度に堀北は彼女を冷たく突き放した。
 クラスの人気者である櫛田に対してそんな態度を取れば、クラスメイトが堀北に対して良い印象を持たないのは必然だっただろう。
 現に堀北は女子たちからは煙たがられており、男子たちからも近寄るべからずといったイメージを持たれている。

「堀北は言葉キツイからねぇ。あれで誤解されてるとこもあるよね」

 柚椰にとっては大したことではないが、他のクラスメイトにとって堀北の言葉は堪えるだろうということは彼も分かっていた。
 しかし堀北の口の悪さは昔からのことであるということにも柚椰は察しがついていた。
 ずっとそうしてきた以上、ただ直せと言ったくらいで直るものではない。
 寧ろ直せというのはかえって堀北には逆効果であると柚椰は思っていた。




「でも、それでも私は堀北さんと友達になりたいんだ」

 櫛田は柚椰の目をまっすぐ見つめてそう言った。
 その目は力強く、決意と覚悟に塗れている。
 しかしそれだけではないことを柚椰は見抜いていた。

「(そうまでして堀北に拘るには何か理由があるのだろうな...)」

 櫛田と初めて出会ったときから柚椰は彼女の本質を既に知っていた。
 彼女の性格を踏まえると、彼女がただ堀北と友達になりたいと思っているとは考えられない。
()()()があると柚椰は確信している。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析