ハーメルン
私は護る小人を
第13話 闇霊

巨木の下で相対するは、ウェルスとアルトリウス&キアラン。2対1の形となっているが、ウェルスに焦りは微塵も見ることは出来ない。
片やアルトリウスは、大剣を構え、キアランは短刀と曲剣を構える。
双方一歩も動くことなかった、数分後先に動いたのは、アルトリウス側であった。

「貴公は、何者だ。そのように気配を消すことができるのだ、それ相応の実力者であろう、名を名乗れ。」

「私の名は、ウェルス。かつて輪の都の騎士と名乗っていた、今は単なる放浪者の男だ。貴公等のその身なりから見るに、騎士のかたは、四騎士のアルトリウス。
女性のかたは、同じく四騎士のキアランとお見受けするが、何用でここにいるのか。」

二人へ威圧を込めた、声色で質問を投げ掛けるもアルトリウスは彼に、異様なものを感じていた。
輪の騎士は、それほど強いと言うものではない。それこそ銀騎士と同等が良いところだ。
だが、目の前のこの男は違う、まるで闇そのものが動いているかのようなものを感じ、背に嫌な汗を流す。

質問に答えたのは、そんな警戒を強めたアルトリウスでは無く、冷静な判断をしたキアランであった。

「貴公は噂を聞かないようだな、大王グウィンの龍狩りがあると、つまり私達がいるのはそう言うことだ。」

「そうか、あのグウィンも耄碌したものだな。かつては、一人で何十もの古龍を倒していたのにな。」

その言葉にアルトリウスは、怒りを込めて言った。

「我等の王を愚弄するな。」

「いや、すまないな。私にとってグウィンは戦友以外の何者でも無いからな。」

印象の悪い出会い、ここで互いに激突すると思われた…。

「アルトリウス、キアラン、何をしているんだ?皆帰りを待っているぞ。」

野太い声が緊張を絶った。




《銀座・ゲート前》ウェルス 早朝

民衆が集まりすぎて、寒い季節であるが熱気を発している。話を聞くに、どうやらロウリィを個人的に崇拝している通称変態と呼ばれる存在が集まっているということだ。

なるほど、その通称は的を射ている。頭に布の巻物をして、ターバン程ではないが、それでもそんなものをしつつ、旅に出掛けるような装備をしている訳ではない。
今か今かと、件の人物を待ち続けるその姿は、まるでソウルを求めて徘徊する亡者のようだ。

それが軍勢のように一ヶ所に集って詰められている。
そこへロウリィが現れた瞬間、海が割れるかのように二つに別れた。
こいつらは軍にでもいたのではないか、と思えるほどの統率の取れた動きだ。見た目はともかくな。

私達は何事もなく、ゆっくりとゲートへ向けて歩きだしそしてゲートを取り巻く施設の内部へと入った。
入る直後、時空の歪みを感じた。何者かが、この世界に迷い混んだ、ゲートを通じずソウル体ではあるがこの世界へと干渉をしている。
だが、私には関係ないこちらへは殺意を向けていないからな、標的は誰なんだろうか。


《銀座》あるCIA工作員 同時刻

俺たちが行う作戦は非常に簡単なものだった筈だった。
全員が配置に着き、合図を待ち続けること4分くらい経った頃だろうか。通信が入った。
どうやら日本の公安警察に嵌められたようだ。

緊急時の退去通信、急ぎ痕跡を消してその場から離れる。どうやら俺は逃げ切れそうだ。そうやって安心していたというのに、走る方向で赤黒い何か得体の知れないものが現れた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析