ハーメルン
私は護る小人を
第16話 訪ね人

ゴーから話を聞いた後、ウェルスはそそくさと逃げるように目的地へ急いだ。現実を受け入れたくなかった。

今回この方面へ来たのは、小人の村からの依頼で村の護衛を願われた為だ。
彼等は古龍たちと深く交流を持ち、縄張りに住まわせてもらう事により、身の安全を確保する。
そういう種族だった。

しかし、それをグウィンが嗅ぎ付けた。そして軍を動かす事が知られ、小人達はそれを古龍に逃げてくれるように頼んだ。
古龍は、村人に卵を守るという条件のもと住まわせていた。

それから逃げることなど、せっかく紡いだ命をみすみす殺す事となる。ならばと、グウィンと戦う旨を伝え、卵を守るために、村を護るものをここに連れてくる用、伝えた。そして、そこにウェルスが来た。

ウェルスが到着して1日たった後だろうか、グウィンが古龍の巣と村の中間に布陣する。
ウェルスは激怒した。なんと、愚かで暴虐な王であるかと、布陣する場所は調度龍のブレスが直撃するであろうコース。

案の定戦闘の最終段階で、大樹の古龍の光熱量ブレス(レーザー)がグウィンに向け放たれる。其をこちらに反らすと判断したウェルスは、ブレスを打ち消すべく
【暗い奔流】を放つ。
打ち消した後、彼はグウィンのいる場を一瞥し、村長へグウィンとあってくる旨を話し、グウィンへ向けて歩みを進めた。


~夜間~
《アルヌス》ウェルス

ウェルスは、伊丹、富田、ロウリィ、黒川がいる店に到着し、その席に座った。非常に強烈な蒸留酒と、少しの料理を頼んで話しを、始めた。

「それで?クリに聞いた感想は?何か解決法は有るのか?」

「例えば、父親との記憶を消す。もう一つは荒療治だが、真実を突き付け壊れない心を信じるか。そのどちらかだ。」

黒川が興味深そうに聞いてきた。

「つまり頭の中を弄るってことでしょうか。そんな外科的方法でもやると?」

「まあ、まて消すといっても脳を弄る訳じゃない。ソウルの方へ干渉する、それだけだ。」

意味が通っていないようだ。ソウル、いきなり魂なんて言うから皆目が点になってる。ロウリィに至っては、軽蔑した目で見てきている。

「いつも思うんだけど、何でそんな事出来るんだ?」

「ソウルと言うものが、魂だとして貴方はまるで自分が、全能神みたいに言いますね。」

「ああ、全能じゃない、だが、出来ることを言っているだけだ。無論神ではない、君らとも違う。君らは私と似て非なるものだ。」

「それは、良い。それでテュカは自殺しないかもしれないが、記憶を失った後の、矛盾はどうするつもりだった。」

「そんなもの考えるなら、やらないよ。聞くに、黒川くんと同意見である強制的に突き付ける方法に落ち着くさ、それで彼女が向こうへ行ってしまうようなら。何度だって記憶を消して、諦めるまでダイスを振り続けるだけさ。」

「冷酷だな」

「よく言われるよ。」

その時、席を立つ音が聞こえた。どうやら黒川らしい。

「私は戻ります。隊長、ウェルスさんの言うとおり私は同じ意見ですので。では、お先に失礼します。」

黒川と、富田が去っていく、富田は送っていくそうだ。その後少しの間沈黙が流れたが調度、私の料理が現れた。そこで食べ始めて、ロウリィが喋りだした。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析