ハーメルン
私は護る小人を
第19話 揺れるもの這い出すもの

あの日からまた数年の月日が流れた。
ウェルスはアノール・ロンドの中に捕らわれていた。
人間にとっては長い年月ではあるが、最初の小人や、神々にとってそれはあまりにも短いもの、従ってそれほど気にもしなかった。

ウェルスは、あの日グウィンがウェルスの事を『神』と紹介したのを疑問に感じ、グウィンへ問いただした。
帰って来た返答は、小人に対する偏見のため仕方ないことだと、そういうことだった。

実際はウェルスの存在を『神』とすることで、かつて強い小人が、この世に存在していたことを秘匿するという情報の偽造を行うという事だった。

ウェルスは、あの日から銀騎士達と混ざり、日々訓練をしていた。初め銀騎士達はウェルスを、訝しんでいたが年月というものの力は絶大で次第に信頼関係が生まれていた。

その中でもアルトリウスとの関係は、非常に良好なものとなった。
それでも、王の刃の監視を置かれいつでも殺せるようにと、されておりその事情を知るキアランは、彼を哀れんでいた。

そんな時、また龍狩りが行われた。
今度は小人の王たちが列席するなか、その騎士達も龍狩りに参加するのだという。

今の小人に龍狩りは、不可能に近い。何故ならば、彼等の力はその殆どが失われており、お世辞にも強いと言うものではなかった。ウェルスは、落胆していた。あまりにも矮小なその力に、絶望に打ちひしがれるなか、四人の若き小人が現れた。

彼等はダークソウルの力を使い、龍狩りを行っていた。グウィンはそれに恐れを抱いた。そして、ある疑問を抱いた。火の封が弱っているのでは?と。そして、四人を、監視するために褒美として王のソウルと、小ロンドという小人の国を納めさせた。それが、過ちだとわかった時には手遅れだった。



《帝都・悪所》ウェルス

外が騒がしい、地揺れが起こるだとかかなり騒いでいたりする。
あんなもの珍しくもない、だいたい星が落ちてくる方が余程恐ろしいのだがな。あの得体の知れない生物、今でも夢に見る。

さて、騒ぎが大きくなる前に外に出るとするか?建物が崩れてきて下敷きになったら、いちいち壊さなければならなくなるからな。
下に降りると、黒川や、伊丹、栗林等が勢揃いしていた。

「騒々しいな?地揺れが起こるのか?別に星が落ちてくる訳じゃないんだ、騒ぎすぎではないか?」

「おお、あんたか。地震の知識はあるんだな。皆を安心させてくれ、と言っても無理だと思うけど、それより隕石が落ちたところを見たことが有るのか?」

「ああ、あれは痛かった。身が焼ける思いだったよ。ついでに、奇妙な生物が出てきてな?全部殺すのに手間取った。」

ひきつった顔をしておる。隕石がそんなに珍しいか?
そんな事より、このごった返した人数を何とかせねばな。

「避難誘導は手伝える。指示を願う。」

その後、建物の中にいる連中を物があまり無い、広場へと誘導し、調度その頃地震が発生した。
ものが落ちてこないよう、少々【結界】を張ってやったが、なかなかどうして、上手く張れたな。
長いこと使っていなかったが、自分の腕が訛っていない事に自身を再確認できた。

もっとも気が付く者は殆どいない、ロウリィ位なものだろう。
彼女はこちらを見ると、ニヤリと笑った。まるで私にも人間のような心が有ることが分かり、非常に愉快だと思っているかのようだ。非常に不愉快だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析