ハーメルン
私は護る小人を
第41話 熱を失う者たちよ

不死の灰と、亡者の殺し会は苛烈を極めた。
何処までも永遠に続くかと思われた戦いは、不意に終わりを迎える。
亡者達が動きを止めたのだ。

前兆はあった、亡者は死にすぎれば最後は自分が生きているかすら忘れ、座り込んだりする。そしてそのまま固まり、何をするでもなく生命活動を終えないまでも、石のようになっていく。

殺し会の最中そういう亡者が増えていった。では、不死の灰はどうであったかと言うと、変わりなかった。強制的に使命を付け加えられ、それを終わらせられなければ死ぬことすら出来ず、亡者になることすら出来ない。

ウェルスは彼等に生き地獄を見せても、生者何より小人を生きながらせようとした。
亡者共が海を越えないようにと、そして亡者たちは敗れ去った。

長い戦いは数千年続き、不死の灰たちは疲弊した。
ウェルスはそれを見て彼等に褒美として、叶えられる範囲の願いを叶えた。あるものは自分の死を、あるものは探求を、あるものは友の復活を、そしてあるものは太陽が輝き続ける時代を。

各々の願いを叶えていくと、最後に一人の女性が現れた、彼女はティアラで目を覆い黒いドレスを纏っていた。そして、言った。灰の方、あの方を甦らせて欲しいと、何故と問えば、あの方の使命はまだ終わっていないのだと言う。

彼女の願いを叶えると、灰達は各々の場所へと旅立って行く、時を越え、自らの想いを胸に秘めて。
それを見終わると、ウェルスも歩み始めた、あの大陸へと行かなくてはと、有りもしない使命にかられ。

時が螺曲がりし場所から、船で行くのには何万と言う時が流れた。到着する頃には嘗ての面影すらなくなった大陸と、自分が届けた者たちはとは全く違う知的生命体が闊歩する大陸となっていた。

そして旅を始めた、ある時は商人の護衛として、ある時は盗賊として。それでも彼女達に会うことは叶わない、まるで何かがそれを拒んでいるように。

ある時、空から化け物が表れた。それが暴れれば、タイリクはぐちゃぐちゃになるだろう。それを放置すれば目的は果たせない、であるから化け物を葬り去った。
その地は、丘となりそこは不安定な空間となった。そのためそこから度々、異世界のものが流入していくこととなる。


《炎の牢獄》

ガァァァァァァ!!
巨大な何かは咆哮する、それに対するは一人の人間。周囲は業火に包まれ正しく地獄のようだ。

不定形の怪物は人を呑み込もうと、猛然と突進を、開始する。周囲に何か盾になるようなものは無い、だが避ける素振りも見せない。
接触する瞬間、左手に雷を構え地面へと叩きつける、その余波を受けてか地面が隆起し、突進を始めた怪物は掬い上げられ空中を舞う。
追撃を見舞おうと、剣に青き魔力が宿るがそれを察知したのか、強力な障壁を展開し今度は空中から圧し潰そうと降り注ぐ。

それと剣が激突する、月光が周囲の色を炎の紅い色から青き色へと染め上げる。
互いの力を殺し合い、弾け飛ぶ。
互いに、勢いを殺して着地するも、深淵はその質量からズゥゥゥンと、大きな地響きを立てる。

指輪の力は一人の身には重いのだろうか、彼の体からは灰のようなものが時折立ち登り、それが次第に彼の熱を奪っていく。
だが、それを気にもせず眼前の敵にのみ意識を集中している、もしくはこれこそが彼の体の限界を暗示しているのか。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析