ハーメルン
私は護る小人を
第43話 道をたどり、教えを辿る

ウェルスがエルフの残した印を探し、輪の都へとやって来た頃。
何やら大きなソウルの激突があったと言う痕跡を見つけた。

辺りには枯れた小人の王達だったもの等が、横たわり今もなお助けを求めている。何と哀れなものだろうか、籠の中に入れられ、自らを研ぎ澄まそうとしないもの達の末路は、自分の子孫達であろうとは思えなかった。

それよりも、彼等からはダークソウルが少量しか感じない。何かに取られたか?まあ、どうでも良い事だそれよりもあの子達の痕跡を探さねば、あ?そうだ、こんなところに有るわけがない、あの子達はここに来たことは無かったからな。

絵師が顔料を採りに来たか?こんなにも無様な死に様、本当に腑抜けた奴らだ。

ウェルスはその後、輪の都から去り再びファルマートへと赴く。
だが、やはり彼には見付けられない。まるで、何かが彼女等を隠しているかのように。

下手に力を使えば世界が滅び、神々と全面戦争となると思っていた。

だが、よくよく見れば神々の気配はない、いったい何処へと行ったのか皆目検討も付かず痕跡探しを続けていく。

ウェルス、名も無き小さな人。神話から削り取られたそれは、時間の流れによって伝承すら失われ。
彼自身の精神すら磨耗し、今や探すだけの亡者となりしもの。

その心には、我が子同然の者たちと、嘗て世界を探して回ったグウィネヴィアの事だけが頭にあった。
もしも、見つけたならば彼はそれに依存するか、嘗ての自分を取り戻すだろうか?


《帝国・皇帝ピニャ》

彼女が出立してからもう2月、時間と言うのは本当に流れるのが早い。
その間、日本からの損害賠償の請求に四苦八苦し、何とか土地の売買で事なきを得た。

どうやら父上の処刑が効果があったようで、なんとも言えない顔をしてこちらを哀れんでいた。
そのお陰か、賠償金も半分以下になり向こうの世界の多くの国が納得してくれたようだ。
たぶん我々に構っている時間がないだけかもしれないが、それでもそれでよかった。

我が国が他国の食い物とされるのは本当に心が痛むから、どうやっても技術、人口は我々に勝ち目はない。唯一の拠り所の魔術しか我々にアドバンテージは存在しない、それも今や必要かどうかと言うものだ。

だが、そこに新たな風が吹いてきた。ソウルの業と言う古い魔法の類いだと言う。
それは、どれ程強固な鎧を纏おうと魂そのものを喰らい尽くそうとし、体内から破壊すると言うものだ。

どういう理屈で表れたのか定かではないが、ここ数ヵ月の間に、帝国内で一部であるが広がりを見せつつある。
その中心人物は、あのルルドの民のレレイという少女。

彼女がそれを広めているという。最もそれは善意であろうが、少なくともそれが軍事利用することが出来るのは確かだ。
だが、懸念事項として向こう側も同じように研究している可能性がある。

そうなったら、人口が多い向こう側の有利が覆ることは無いのだろう。
やはり友好関係を築く事が先決だろうか?だが、それでも一方的に搾取されるだけではダメだ。
一刻も早く対等な立場での条約締結をしなければ。


《国連》
戦いが終息し、賠償請求等の事を淡々と進めていき。国連内部は久々に緩い空気が流れていた。
それと言うのも今回の戦闘に託つけて、常任理事国を見事に国連の傘下に押さえ込み、アフリカ等の中小国を完全に呑み込んでいた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析