ハーメルン
【完結】最強の聖騎士だけど聖女様の乳を揉みたいので魔王軍に寝返ってみた
このおっぱいで聖女は無理でしょ

 魔王軍の侵略によって、いま世界は危機に陥っている。
 聖騎士である俺は、国と人々を守るため日夜戦い続けていた。

「聖女様。騎士団長、フェイン・エスプレソン。ただいま帰還いたしました」

 魔王軍との一戦を終え聖都に帰還した俺は、神殿で待っていた聖女様に膝をつき頭を垂れる。

「よく戻られましたフェイン。ご無事で何よりです」

 いつものように、柔らかで慈しみに満ちた声が迎える。

「此度の戦いも獅子奮迅のご活躍をなされたようで。さすがは聖都最強と謳われる《剣将》。聖女として感謝いたします」

「勿体なきお言葉。聖女様にお仕えする聖騎士として、当然のことをしたまでです」

「相変わらず謙虚なのですね。そういうところがあなたの良いところでありますが……。さ、お顔を上げてフェイン?」

 言われるがままに顔を上げると、両頬が少女特有の華奢な手で包まれる。
 目の前には聖女様のご尊顔。
 まだあどけなさの抜けない、それゆえに尊く美しい笑顔が向けられる。

「フェイン。あなたのおかげでまた多くの命が救われました。どうか、あなたに《聖神》のご加護がありますように……」

 瞳を閉じ祈りの言葉を口にする。
 聖なる光が肉体を包み、蓄積した疲労を癒やしていく。
 戦いを終えた聖騎士を慈しみ、祝福するその姿はまさに聖女の名にふさわしい。

 聖女様は俺を謙虚という。
 だが違う。
 俺という男は本当は誰よりも強欲だ。
 こうして間近で聖女様と触れ合える時間を、その笑顔を、自分だけが独り占めにしたいと思っているのだから。
 ああ、聖女様は今日もお美しい。
 男だけでなく、同性すらも虜にしてしまう完成された美貌は、いつまでも見つめていたいと思うほどに神々しい。

 しかし、俺の視線は聖女様の顔より下に移った。
 聖女様の美貌だけでも充分眼福だが、もっと凝視したいものがそこにはあったからだ。

 ああ、やっぱりいつ見ても……








 聖女様のおっぱい、超でけええええ!

 でかい。でかすぎる。
 でけーな。本当にでけーな。
 なんなの、このおっぱい?
 いったい何カップあるんだ?
 露出の少ない聖衣を突き破らんばかりに発育した特大のおっぱい。
 歩くだけでたぷんたぷんと揺れる巨大なおっぱい。
 ああ、揉みたい。
 いけないとわかっていても、このおっぱいを……。

 聖女様のおっぱいを揉みたい!




 聖女ミルキース。
 いまや、その名を知らない者はいないだろう。
 そのおっぱいの大きさを知らない者もいない。
 いや本当になんだ、このバカでかいおっぱいは? ふざけているのか?
 このおっぱいで聖女は無理でしょ。
 一度でいいから揉ませてほしい。


 唯一にして絶対なる《聖神》に選ばれた聖女様。
 神聖不可侵の存在である彼女の乳を揉むなど、いうまでもなく異端審問レベルの背徳行為である。
 でもめっちゃ揉みたい。ダメと言われるほど揉みたくなる。ああ、揉みたい。
 ただのおっぱいじゃない。なんたって聖女様のおっぱいである。神聖なる聖女っぱいだ。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析