ハーメルン
【完結】最強の聖騎士だけど聖女様の乳を揉みたいので魔王軍に寝返ってみた
【急募】寝返るはずだった魔王軍をつい壊滅させちゃったときの対処法

 人が寄りつかない険しい渓谷に魔王城はある。
 人の足ではもちろん、馬ですら走破するのに困難を極める土地だが、聖騎士のチカラさえあれば無事に目的地に辿り着くことができる。
 さっそく交渉をと思いきや……俺の話に魔王の部下たちはまったく聞く耳を持たないので、力ずくで城内に侵入を決行。
 なんとか強行突破して魔王の座する部屋まで来れた。

 部屋の中には「俺が魔王です!」と言わんばかりに人間のイメージどおりのおっかない姿をした魔王が、バカデカイ椅子にふんぞり返っていた。
 「よくぞここまで来た聖騎士よ……」とお決まりの文句もスルーして、俺は「かくかくしかじかの理由から魔王軍に入れて欲しい!」と交渉を持ちかけた。
 しかし……

「やっちまった……」

 魔王の部屋でひとり、俺は途方にくれていた。
 なぜって?
 だって……



「勢いで魔王倒しちゃったよ! やっべー!」

 どうしてこうなった。
 俺が悪い?
 うん、そうだね。
 でも、しょうがないじゃないか。
 聖女様の乳を揉みたいという切なる悲願を魔王すらも鼻で笑って『まるで意味がわからんぞ!』とか言うもんだから、思わずプッツンしてしまったのだ。
 気づけば必殺の一撃をたたき込んでしまっていた。

「しかし、魔王っていうわりには随分あっけなかったような……」

 決着は一瞬だった。
 復活して第二形態になる素振りもない。
 まさに見かけ倒しそのもの。
 本当にあんな魔王に、人類は何年間も苦しめられていたのか?

 ……なんにせよ。

「魔王軍との戦いは、これにて人類の勝利で幕を閉じたということか……」

 魔王の部下たちも強行突破の際にほとんど倒してしまった。
 魔王さえいれば蘇生できたのだろうが、もはやそれも望めまい。
 文字どおり、壊滅と言っていいだろう。
 だが……

「それはまずいな……」

 戦いを終わらせて聖女様を聖女の任から解放する。
 それだけなら聖都の決まりに刃向かって魔王を倒せばいい。
 そういう選択肢もとうぜん考えた。
 しかし、それではダメなのだ。
 だって人類の勝利で終わったら……絶対に神官の老害どもが調子にのるじゃん!

 きっと俺の手柄なんて無視して「これも何もかも聖神様と、その加護を受ける聖女様のおかげである!」とかなんとか言って、さらに信者を増やすことに専念するだろう。
 そして、いま以上に聖女様を神格化させて、より不可侵な存在として祭り上げることが容易に想像ができる。
 そんなことになったら、ますます乳を揉むチャンスが遠のいてしまう!

 だからこそ魔王軍に入って、人類の敗北というシナリオが必要だったのだ。
 勝者の特権で好き放題するつもりだったのだ。
 だというのに魔王軍を壊滅させてしまった!
 どうすんべ!?

「まいったなー……ん?」

 所在なさげに部屋をうろうろしていると、宙に浮いている巨大な水晶玉が光を発したのに気づく。
 水晶玉の中には、こことは異なる場所を映し出していた。
 恐らく外敵の接近を知らせる魔道具なのだろう。
 水晶玉には魔王城に向かって進軍する聖騎士の軍勢が映し出されていた!

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析