ハーメルン
【完結】まちカドまぞく/陽夏木ミカン攻略RTA
杏里エンド/日常風景

「……ん、んー」

 布団から覗かせた顔に刺さる肌寒さに、佐田杏里は目を覚ます。上半身を起こして体を伸ばし、関節を鳴らして寝ぼけ眼で隣を見る。

「……んふふふ」

 杏里が起きたことで共有している布団が捲られて、寒さから部屋の主である青年──楓が体を丸める。背中を見せるように体を横向きにした楓へと、杏里はしなだれ掛かりながら耳元で言う。

「かーえーでー。そろそろ起きろー」

 横っ腹に体を乗せて顔を耳元に近付けて囁くと、楓は身じろぎして重さを感じ取りながらまぶたを開く。数秒ぼーっとしてから、寝起きの掠れた声で杏里に言葉を返した。

「…………むり」
「休日だからって怠けるのはいかんぞー」
「…………ううん、うん。うん……」

 わかった、とでも言いたげな声だが、少しして楓の寝息が聞こえてくる。呆れたような顔をして、それから杏里は肩を揺すった。

「こらこら、寝るんじゃないの。……ほんっとに楓って冬に弱いよね~熊かなんか?」
「…………寒いのが苦手なんだよ」
「あー、『秋野楓』だけに?」
「…………寒いぞ、冬だけに」
「あっはっは。ほらほら起きて」

 楓がもぞもぞと布団のなかで蠢くと、数分してようやく起床した。敷布団の上で座り込み、おもむろに隣に座った杏里を抱き締める。

「……杏里は暖かいな」
「んん……えへっ、役得役得」

 温もりを求めて互いに抱き締め合い、片手間にタイマーで消えていた暖房を点け直して部屋が暖まるのを待つ。暫くして朝食を取り、テレビで天気予報を見ていると、座椅子に座る楓の膝の間に収まる杏里がもたれ掛かりながら問いかけた。

「そう言えば、今日は世間一般ではクリスマスなわけですが。私たちは何もしないの?」
「クリスマスだから何かしないといけないという訳ではあるまい。この時期の外は目がチカチカするから、あまり好きではないんだよね」
「まぁ……そうだけどさ」

 ぽす、と胸に頭を預けて杏里は口をつぐむ。彼女の悲哀漂う気配に罪悪感を覚えたのか、顎の下に来る頭に顔をうずめて楓が言い直す。

「──杏里の所の肉屋で鶏肉を買って、マルマでケーキでも買うか。今年は二人だけでクリスマスを楽しもう。……どうかな?」
「……楓はさー、そうやってさぁーっ」

 顔を上げた杏里が、体をよじって楓の首に腕を回す。座椅子を倒して寝転がった楓の上に乗ると、頬を擦り寄せて杏里はニコニコと笑う。

「ねっ、ねっ。早く買いに行こっ」
「んー、んんー。わかった、わかったから」

 猫だったらこれでもかと喉を鳴らしているだろう勢いで甘える杏里を、楓は苦笑を浮かべながら受け止める。外の寒さを想像し、内心でげんなりとしながら、楓は杏里と共に手早く着替えた。





「帰らないか」
「玄関出て5秒も経ってないぞー」
「宅配で済ませないか」
「あまりにも風情がないぞー」

 寒空の下に出た楓は、踵を返して部屋に戻ろうとする。しかし杏里に腕を組まれ、目的の店に向かわざるを得なくなった。
 白い吐息が空気に混じり、じんわりと杏里の腕から熱が伝わる。

「まっ、私も冬は好きじゃないかなぁ」
「……なんで?」
「ほら、寒いから脚出せないし」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析