ハーメルン
【完結】まちカドまぞく/陽夏木ミカン攻略RTA
桜エンド/それはあり得た物語


 軽く肩を揺すっても無反応の桜を前にして、先に布団を出して広げてから、抱き上げた桜をそこに寝かせる。すると、桜が呻くように寝言を呟いているのを、楓の耳が拾い上げた。

「…………う──ん……あんこ、やくしょ……ほうこく書……結界の……点検も、しなきゃ……」

 多忙に追われてスケジュールが詰まっているがゆえに、桜は気軽に休むことはできない。国外での活動を含めた全てが、桜の仕事である。

「……んにゃ……かえでくぅん……ありがとねぇ」
「──いつもお疲れ様、桜さん」

 ──この町を作り、暗黒役所を作り、魔法少女として各地に向かいつつ、シャミ子の父親を助けるための代替品探しに奔走する。ぶっ通しで働き詰めでいて、疲れないはずがないのだ。

「俺に出来ることはそう無いけど……最強の魔法少女が、こうも無防備になるということは──信用されているってことでいいんだよな」

 髪留めやリボンをほどいて、櫛を通すようにそっと撫でながら楓は言う。

「…………ふむ。今がチャンス」

 完全に寝入っているのを確認すると、楓は腕を伸ばして手探りでテーブルの携帯を手繰り寄せて、カメラを起動してパシャリと撮る。
 シャッター音を聞いても起きない桜を尻目に、台所に向かいながら、楓は携帯を弄って、桜の寝顔写真付きのメールを送っていた。

「これでしばらくは、()()も大人しくなるだろう。……さっさと飯食って寝よう」

 それから楓は、桜の睡眠の邪魔にならないように、台所で皿に盛ったカレーを平らげる。
 次はどの国のどこに向かうことになるのだろうかと、ぼんやりとそんな事を考えるのだった。










「──楓くん! 誰何(あいつ)に私の寝顔写真を送ってるってホルスさんから聞いたんだけど!!?」
「…………おっと」

 後日、父の密告で色々とバレて怒られたのは、また別のお話。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:5/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析