ハーメルン
【完結】まちカドまぞく/陽夏木ミカン攻略RTA
ハミ出せ!まちカドまぞく ~企業戦略(バレンタイン)編~


 2月14日のお昼時、自室で寛いでいた楓は玄関のドアをノックする音に気が付いた。

「はいはい、どなた?」
「おはかえ~」

「……『おはシャミ』にバリエーションを持たせなくていいから。それで、どうした」

 扉の前に立っていたのは杏里だった。
 制服ではないラフな格好で、ショルダーバッグを提げている。

「まあおはようって時間でもないけど。
 それに、『どうした』って……楓は今日がなんの日か覚えてないの?」

「2月14日はにぼしの日だろ」
「…………あげないよ」
「冗談だ」

 とぼけた様子で杏里を部屋に招く楓は電気ケトルに水を入れる。レモンティーのパックを棚から出しながら、横目で畳に座って傍らにバッグを置く杏里を見ていた。

「──ん、なぁに?」

「いや、なんでもない。ああそうだ、このあとミカンも来るぞ」

「……なんで?」

 トーンが下がった杏里の声を合図にケトルの水が沸く。カップにパックを入れてお湯を注ぎ、レモンティーが完成したのを待ってパックを捨てる。

「渡したいものがあるって言ってたからなぁ。杏里と同じ理由じゃないか?」

「……ふ~~~ん」

 面白くない話を聞かされているような声色で聞き流す杏里。渡された湯気の立つレモンティーを一口飲んで、ちらりとバッグを見た。

 それから数分もしない内にドアがノックされた。楓が出ると、橙の髪を揺らす少女──ミカンが手に箱を持って現れる。

「こんにちは、楓くん。誰か来てるの?」
「杏里が遊びに来たんだよ。ほら入って」

 ミカンを招き入れると、レモンティーをちびちびと飲んでいる杏里とミカンの視線がかち合う。

「杏里も同じ理由で来たの?」
「……ん。そうだと思うけど」

 余分に作っていたレモンティーをミカンに渡すと、喜んだ様子で飲む。楓の部屋のちゃぶ台を囲んで三人で座り、一息つくと杏里がバッグから荷物を取り出した。

「はい、本命チョコ」
「……え゛っ!?」
「杏里の毎年の冗談だよ」

 可愛らしくラッピングされた箱を楓に渡して愉快そうに笑う杏里に、ミカンは激しく動揺する。

「……えっへっへ、騙されちゃった? そもそも楓以外に男友達なんて居ないからね~、必然的に渡す相手が楓だけなんだよ」

「人前でもこの冗談を言うんだから勘弁してくれ、勘違いされたら杏里も嫌だろう?」

「────はぁ」

 受け取った楓にそう返されて、露骨に膨れっ面を見せる。冗談混じりに本音を言っていたが──と言うことだろうとミカンは察した。

 そして、思い付いたようにイタズラっ子のような顔をして杏里と同じように箱を渡して言う。

「じゃあ、はい。私も本命チョコあげる」

「……あのなぁ」

 呆れつつも、貰えること自体は嬉しいのだろう。楓は二つの箱を受け取って、お礼を言いながらその口角を緩める。

「ありがとう。両方とも開けていい?」

「いいとも~。というか食べてもらわないと作った甲斐がないじゃんよ」

「二つも食べたら血圧上がらないかしら」

 半分ずつ食べるよ、と言って楓はそれぞれの箱を手早く開ける。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析